肩こり腰痛持ちに捧ぐ。オフィスで怪しまれずにできるストレッチ

まぐまぐニュース! / 2018年9月14日 21時41分

写真

週5日は9時から5時まで8時間、ほとんどパソコンの前に座って資料作りやらデータ処理に追われっ放し。行き帰りの通勤電車も、スマホで電子新聞や携帯ゲームとにらめっこ…。これでは腰や肩に良いはずがありません。今回の無料メルマガ『美容と健康ひとくちメモ』では、オフィスでも目立たなく実践できる、肩や腰に溜まった疲れを解消する簡単ストレッチ法を紹介しています。

肩コリに効くストレッチ

仕事中に考え事しているふりして肩ストレッチ。デスクワークの方で背中が丸まったまま、長時間仕事をしている人って結構多いと思います。

たまに肩をまわすだけでも、実はだいぶ効果があるそうですが、せっかくなので効率的に、首周りの筋肉を伸ばせるストレッチを。

  1.  座った状態で背筋を真っ直ぐ伸ばします
  2.  左手を軽く背中に添え、右手の平を頭に軽くのせます
  3.  ゆっくりと首を右に曲げていきます
  4.  左の首筋が伸びている事を感じたら、痛気持ちいいくらいの場所で10~15秒キープします。反対側も同様に
  5.  両手の平を頭の後ろに添え、後ろの首筋が伸びている事を感じながら首を前に倒していきます。痛気持ちいいくらいの場所で10~15秒キープ

この動作を左右3セットずつ行う。とっても地味な動きですが、やってみるとかなりキツく効くそうです。

腰痛に効くストレッチ

知らない人も多いと思いますが、腰痛の原因ってお尻の筋肉が関係しているそうです。お尻の筋肉はデスクワークなど、同じ姿勢のまま長時間過ごすと固まりやすいので、知らずのうちに腰痛持ちになっている人は多いそう。

確かにお尻の筋肉なんて、どう使うのか想像もつきません。欧米人はお尻の筋肉が発達しているのか、引き締まったプリプリのお尻の人多いですよね。そもそも体格も骨格も違いますし、農耕民族だった日本人と狩猟民族だった欧米人のルーツの違いもあると思います。

仕事中でもできるお尻の筋肉を伸ばす簡単ストレッチで、腰痛になりにくい体を作りましょう。

  1.  座った状態で背筋を真っ直ぐ伸ばします
  2.  左膝に右の足首をのせます
  3.  背筋は真っ直ぐ、顔は前を向いたまま、ゆっくり前に上半身を倒していきます
  4.  右のお尻の筋肉が伸びている事を感じたら、痛気持ちいいくらいの場所で10~15秒キープします。反対側も同様に行う

この動作を左右3セットずつ。早速、今日からやってみましょう。

image by: Shutterstock.com

MAG2 NEWS

まぐまぐニュース!

トピックスRSS

ランキング