怖いもの見たさ。ドン・キホーテの食品売り場を素通りできぬ理由

まぐまぐニュース! / 2019年3月22日 19時10分

写真

日本人だけでなく今や訪日外国人にも人気のドン・キホーテ。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で人気コンサルタントの佐藤きよあきさんが、他のドラッグストアや大手スーパーチェーンでは絶対見かけない「珍品」が並ぶ、ドンキ食品売り場の魅力を紹介しています。

ドン・キホーテ「食品売り場」の楽しみ方を知ると…

「楽しく」「面白く」「変な」商品が、激安で販売されています。単に買い物をする場所ではなく、見るだけで遊んでいる感覚になる不思議な魅力を持ったお店です。最近は外国人客も増え、その楽しさはSNSで世界に拡散されています。日本のレジャー施設だと言っても良いでしょう。

そんなドン・キホーテの楽しみ方をひとつお教えします。私も家内とよく遊びに行くのですが、必ず最後に“お土産”を買って帰ることにしています。と言っても、自分たちへのお土産です。

最後に寄るのは、食品売り場。ここを見るのが、また楽しい時間なのです。見たことのないしかも珍しい食品がたくさん並んでいます。恐らく、メーカーや問屋の在庫品を安く買い取っているのでしょう。どこかの地方でしか売っていないような商品、つまり、マイナーな商品を“発見する”ことができるのです。知らない土地へ行って地元の商店にでも入ったような感覚を味わえます。

「なんじゃ、これ!」「こんなのアリ?」「誰が食べるの?」というような商品を見つけるのは、実に楽しいものです。興味が湧けば、即、カゴに入れます。次から次に発見するので、気持ちをセーブするのが大変です。

まったく知らない商品を買うのは、価格によってはリスクがあるので安いものだけを買うようにしています。安ければ、“失敗”だったとしても、“経験”として受け入れることができます。それもまた、楽しいものです。

もうひとつ、食品売り場で買う商品があります。“処分品”。いわゆる投げ売り状態の商品です。消費期限の近いものや売れ残りなどを極端な価格で売っています。200円程度のお菓子を50円で。150円程度のジュースを30円で。

売れ残るには理由があります。味がいまいちだったり、美味しそうに見えないパッケージだったり。しかし、それをあえて買ってみるのです。失敗しても、数十円です。これまで買った経験では、ほぼ、マズいか変な味です。これが面白いのです。

「開発部門の人は、ちゃんと味見をしたのか?」「上層部は、よくOKを出したなぁ~」「ここを変えれば、売れるようになるのでは?」と、話が広がるのです。というより、広げるのです。メーカーを想像しながら、開発途中の会話などを自分たちで作ってみるのです。こんなことをする一番の理由は、“怖いもの見たさ的欲求満たされることです

第二には、商品開発のヒントになること。数十円で、ほんのひとときですが、結構楽しめるのです。日本中の変わったものを安く経験できるのは、ドン・キホーテぐらいです。非常に愉快なお店です。食品売り場に、“エンターテインメントを感じます

image by: ドン・キホーテ - Home | Facebook

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング