韓国は利用価値なし。北にソッポを向かれ米に捨てられた国の末路

まぐまぐニュース! / 2019年3月27日 4時30分

写真

米財務省海外資産統制局は3月23日、北朝鮮と海上で不法取引疑いのある船舶のブラックリストの中に、「北朝鮮の驚異の最大被害者」でもある韓国の船も存在すると公表しました。これを受け、今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴30年の日本人著者が、韓国に警備艦派遣まで行った米国との同盟に反する今回の行為など、朝鮮半島情勢を巡る文政権の強引な政策が韓国国民との溝を生んでいると記しています。

韓・米間のミセモンジ(微小粒子状物質)問題がもっと深刻

米朝関係は2月28日の会談決裂後、これまで何度も経験した膠着状態に陥っている。

決裂直後にトランプと文大統領の電話対話があった。ここでトランプが「米国のビッグディールの考え方を北朝鮮に説明してくれ。金正恩が既存の政策を変えることで制裁を解くこともできるし対話が可能となる。それを説得できるのは中国の習近平と韓国のあなた文大統領しかいない。しかし金正恩がより信頼するのは文大統領なのだから、なんとか説得してくれ」と言ったのに、韓国の青瓦台(大統領府)が、まるで第三者のように「仲裁役をトランプから頼まれた」などと発表するものだから、米の上層部みんながあきれ返ったという。

これをうけて米国シンクタンク関係者が、「韓国のPM2.5問題が深刻だと聞いているけど、韓国米国間のミセモンジ(微小粒子状物質)問題がもっと深刻だ」と皮肉ったという報道もある。

こうしたなか、北朝鮮が3月22日)、開城ケソンの南北共同連絡事務所から一方的に撤退した。北側は何の説明もなしに「上部の指示によるもの」とだけしたという。金正恩決定という意味だ。韓国政府は遺憾を表しながら、「北側が早速復帰し、南北間の合意に従って連絡事務所が通常の状態に戻ることを望む」としたが、しばらく南北関係は全面中断される可能性が高まっている。

韓国政府は昨年9月、北朝鮮制裁違反の懸念の中にも100億ウォンの改・補修費用を投入し連絡事務所開設を推進した当時文大統領は南北が24時間365日疎通する時代が開かれた」とその意義を強調した。しかし、北朝鮮は先月末、ハノイ米朝首脳会談決裂以降、毎週定例で行われていた会議に何の説明もなしに参加せず、完全に荷物をまとめて引き上げていったのである。

北朝鮮は当初から連絡事務所を南北関係の改善ではなく、国際社会の対北朝鮮制裁緩和のためのバイパス窓口として利用しようとしていたフシがある。しかし、韓米葛藤の溝が深くなって米国が文大統領の言葉を不信していることが確認されると、北朝鮮も文政権をこれ以上利用価値がないと判断したものと思われる。

最近、韓米関係は同盟とは呼べないほど崩れてしまっている。米財務省海外資産統制国(OFAC)は3月23日、北朝鮮の不法海上取引注意報を発令しながら疑問船舶リストに韓国船1隻を含めた。国際社会の制裁を避けて不法積み替え方法(瀬取り)で北朝鮮と精製油を取引した情況があるということだ。深刻な事態といわざるをえない。今回、米国が追加した疑い船舶」の国籍の中で、同盟国は韓国しかない。まだ明確な証拠が確保されていない状態で同盟国の船をブラックリストに載せたのは、事実上、韓国政府に対する警告ということ。北朝鮮脅威の最大の被害者である韓国が、対北朝鮮制裁のと疑われる洒落にもならない事態が起こっているのだ。

現在米国をはじめとする国際社会は、北朝鮮が核放棄を決心するように追い込む方法は制裁圧迫唯一つという共感で一つになっている。米国は北朝鮮の海上不法積み替え(瀬取り)を取り締まるために、警備艦まで韓国に送っている始末だ。韓国政府が、このような制裁に積極的に参加しなければ米国の信頼を回復することができず、アメリカの信頼を得ることができなければ、北朝鮮が韓国に「仲裁」の役割を期待するはずもない。

しかし、文政権は北朝鮮の核廃棄がどうなろうが一貫して金正恩ショーを継続させつつあるようだ。「制裁緩和が先で核放棄はその後という不合理な発想に固執している。制裁がなくなった北が核を放棄するはずがないのに。このような事情をよく知っている北は、22日、開城から撤退して「南側は残っていてもよし」とした。北一流の文法だ(米国にもう一度頼み込んでみたらということであろう)。

文大統領が金正恩非核化の意志という実体のないバブルを作りあげようとした時から、ともすれば大韓民国が最大の被害者になる恐れがあるという懸念があった。その懸念が最悪の姿で現実化されている今日この頃だ。

南北間の戦争の危険性をなくしたという点では文大統領の仕事は大いに評価できるが、断固たるべきときに断固たる態度を示すことも国際政治においては非常に重要だろうと思われるのだが。金正恩は近々ロシアに行ってプーチンと会うようだ。習近平とも会うらしい。朝鮮半島をめぐる情勢がどんな展開を見せていくのか、日々に注目である。

※後半部分の論調は朝鮮日報を参考にした

image by: Vasin Lee / Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング