芦田豊雄氏の命日 『ミンキーモモ』『魔神英雄伝ワタル』キャラデザなどで活躍

マグミクス / 2020年7月23日 9時10分

写真

■『魔神英雄伝ワタル』で芦田豊雄氏を意識した

 7月23日は、2011年に亡くなったアニメーター・キャラクターデザイナーの芦田豊雄(あしだ・とよお)氏の命日です。アニメ『魔法のプリンセス ミンキーモモ』や『魔神英雄伝ワタル』のキャラクターデザインを務め、80年代を代表するクリエイターとしてアニメファンたちから注目を集めました。晩年はアニメ業界への問題提議と地位向上を目的とした日本アニメーター・演出協会(JAniCA)を設立し、アニメーターが保険に入れるよう尽力しました。中学生時代に『魔神英雄伝ワタル』と出会い、芦田氏がデザインしたキャラクターの魅力のとりことなったライターの早川清一朗さんが追悼します。

* * *

 筆者は小さい頃にたくさんのアニメを見ていましたが、中学生に上がるまでは誰が何を作っているのか意識したことはありませんでした。それが偶然見るようになった『赤い光弾ジリオン』で「アニメって、作る人によってこんなに違うものになるんだ」と気付き衝撃を受け、これから始まるアニメで何か面白そうなものはないかと探し回るようになりました。そのとき目に入ったのが『魔神英雄伝ワタル』(以下、ワタル)だったのです。

「よし、なんか面白そうだしこの『ワタル』ってのを見てみるか」と決めた筆者は、放送の前日あたりに導入したばかりのビデオデッキで録画をセットしたことを覚えています。

 実際に見てみた『ワタル』はテンポのいいギャグや魅力的なキャラクター、実力ある声優の方々のハイレベルな演技など、極めて面白いハイレベルな作品として、筆者をあっというにとりこにしました。何より今までと違っていたのは、ビデオに録画してあるので、好きな時に好きな場面を再生できるようになっていたのです。

 そうして何度も『ワタル』を見返すうちに、「芦田豊雄」という名前が目に入るようになりました。どこかで見たことがあるような気がしたのです。

 しかし当時はインターネットがないので、疑問に思ったらすぐ検索できるわけではありません。「うーん。どこかで見たことがあるんだけど……」と首をひねりながらも、どこで見たのかは思い出せませんでした。

■芦田豊雄氏から受けた影響の強さ・長さ・深さ

『アイドル伝説えり子』画像はレジェンド Blu-ray BOX(メディアファクトリー)

 その後も『魔導王グランゾート』『アイドル伝説えり子』などさまざまなアニメで「芦田豊雄」の名前を見る機会があり、「ああ、たくさんの作品でメインスタッフを務めているすごい方なんだ」と理解はできたのですが、ろくにアニメ関係の資料も手に入らない田舎の学生には、その程度の認識が限界でした。筆者が芦田氏の本当の凄さを知るのは、インターネットの定額制が開始され、クリエイターの情報が手に入りやすくなるのを待たねばならなかったのです。

 そこから10数年が経ち、何かの折に芦田氏の名前を見かけた筆者は、「そういえば、すごくいろんな作品で名前を見る人だよな」と思い、検索をかけてみたのです。

 すると、芦田氏が関わったタイトルのなかには、筆者が子供時代に夢中になった作品がたくさん含まれていたことに気付かされたのです。

 キャラクターデザインとしては1979年版『サイボーグ009』、『魔法のプリンセス ミンキーモモ』『銀河漂流バイファム』。そして監督としては、TVアニメ『北斗の拳』を担当されていました。もっとも、『北斗の拳』は初期段階で降板していたそうですが、名前だけはクレジットされていたそうなので、放送期間中ずっと、筆者は芦田氏の名前を見続けていたのです。どこかで見たことがあると感じていた理由は、『北斗の拳』でした。

 作画監督や演出まで含めれば、1970年代前半から2000年代まで、芦田氏は膨大な数の作品で辣腕を振るっています。筆者が見たタイトル数だけでも、20は軽く超えています。今のような短いスパンの作品ではなく、1タイトル1年、あるいはもっと放送されていた時代の話です。他の娯楽も今と比べれば圧倒的に少ない時期に筆者が受けた影響は、それだけ強く、長く、深いものでした。

 そして2020年になっても、芦田氏の流れを汲む『魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸』が制作され、往年のファンを楽しませてくれています。素晴らしいアニメやキャラクターの数々を生み出していただき、誠にありがとうございました。ここに謹んでお礼を述べるとともに、ご冥福をお祈りいたします。

(ライター 早川清一朗)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング