ミニ四駆ブームの立役者『ダッシュ!四駆郎』の悲劇…放送終了の背後に「大人の事情」

マグミクス / 2020年9月29日 19時20分

写真

■子供だけでなく、大人も熱狂、ブームの立役者

 80年代末期、日本中の子供たちを熱狂させたホビー「ミニ四駆」。街の玩具屋では、ミニ四駆のコースが置かれていた時代。そのブームの火付け役だったのがコロコロコミック(以下コロコロ)1987年12月号から連載開始した『ダッシュ!四駆郎』です。栄光のロードを走り続けた同作でしたが、悲劇は思わぬ形でやって来たのです。

 まずは簡単に時代背景からご説明いたしましょう。筆者がミニ四駆に興味を持ったのも『ダッシュ!四駆郎』がきっかけです。最初から見ていたわけでなく、小学館「月刊コロコロコミック」の巻頭になってから読むようになり、その面白さにハートをキャッチされ、すぐ単行本で後追いしました。

 そうなると今度はマンガだけでなく、作中で活躍するミニ四駆に興味を持つようになります。しかし、すでに成人だった筆者が子供の輪に入ることはできません。特にミニ四駆を組み立てることなく、脳内サーキットでミニ四駆を走らせる日々を送っていたものです。

 ですが、『ダッシュ!四駆郎』がアニメ化され放送を開始されると、周りのいい歳をした大人たちも次々に作品にはまり始めます。そして、大人たちによるミニ四駆チームができたわけです(笑)。後に聞いた話では、各地でそういう人たちは少なからずいたそうです。

 しかし、当時各地で開催されていたミニ四駆大会は中学生まで。大人が入る余地はありません。ですから大会でよく見かけたのは、明らかにお父さんが作ったハイスペックなミニ四駆を子供が走らせるという光景でしたね。

 そんな時、年齢無制限のトラッキンミニ四駆の大会をタミヤが主催、我々いい歳をした大人が徹夜でジャパンカップに並んだりしたこともあったものです。この時、たまたま知り合いになったのが前年に日本一となった中学生で、色々なテクニックを教えてもらいましたね。

 また、その数年後には雑誌企画で大人だけのミニ四駆大会が開催され、そこに参加したこともありました。ミニ四駆というものには、子供だけでなく大人さえも夢中にさせる熱量があったわけです。

 そして、このミニ四駆ブームを世間に注目させ、牽引したのが『ダッシュ!四駆郎』だったと筆者は考えます。

■アニメ版『ダッシュ!四駆郎』を襲った悲劇

タミヤのミニ四駆限定モデル 「ダッシュ1号 皇帝 (エンペラー) メモリアル」。ミニ四駆ジャパンカップ開催から30周年を記念した特別仕様

 アニメ『ダッシュ!四駆郎』が放送開始したのは、1989年10月3日のことです。アニメファンの目を引いたのは声優陣の豪華さです。主役の四駆郎の声は野沢雅子さん。他のレギュラーも玄田哲章さん、関俊彦さん、佐久間レイさん、山口勝平さん、中尾隆聖さんと、有名声優さんが並びます。

 この声優陣をきっかけに、アニメをチェックしたアニメファンは少なくなかったはずです。もともとマンガからファンだった人たちも満足するクオリティで、さらに新しい層を開拓したのは前述した通り。マンガと違ったアニメならではの演出も光っていました。アニメとしての『ダッシュ!四駆郎』は、大成功だったと思います。

 しかし、放送はたった半年、全25話で終了してしまいます。実は、タミヤとコロコロは延長を考えていたのですが、企画の東急エージェンシーの都合で2クールでの終了が決まってしまったのです。

 そして、このアニメ放送終了が次なる悲劇を呼びます。アニメ放送終了を「ブームの終わり」と考えた問屋や小売りが、ミニ四駆の取り扱いを縮小してしまったのです。

 やがて子供たちも「アニメ放送終了」イコール「ミニ四駆ブームの終わり」と考え始めます。他の作品でもよく見られますが、アニメ終了に引っ張られて原作マンガの人気が下降することは珍しくありません。

 しかし、タミヤもコロコロもブームはまだ続くと信じていたのです。その証拠に、1990年7月27日に特番として、完全新作の「ダッシュ軍団VSホライゾン軍団」が放送されます。また、同年9月には作品中で幻のマシンと言われた「ホライゾン」を、新たに開発したゼロシャーシで販売しています。

 しかしながら一度動き出した歴史の歯車を止めることはできなかったのです。やがてブームは冬の時代を迎え、『ダッシュ!四駆郎』は「コロコロ」1992年3月号で連載を終了します。

 ふたたびミニ四駆が脚光を浴びるのは、コロコロ1994年7月号から連載開始した『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』をきっかけとした、第二次ミニ四駆ブームとなります。

 歴史にイフは付き物。もしもアニメが長く続いていれば、ミニ四駆ブームはまた違ったものになっていたかもしれません。そう思うと、アニメ『ダッシュ!四駆郎』の終了は、時代を大きく変えた出来事だったといえるでしょう。

(加々美利治)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング