『鬼滅の刃 遊郭編』早く聴きたい音柱・宇髄天元のセリフ5選 もちろん「派手にな!!」

マグミクス / 2021年3月6日 7時10分

写真

■音柱・宇髄天元 自他ともに認める「派手で華やかな色男」の俺様セリフ

 アニメ化が決定した『鬼滅の刃 遊郭編』で活躍するのが、音柱・宇髄天元です。自他ともに認める「派手で華やかな色男」で、身長198cm、体重95kg、マッチョな体格の23歳は、元忍(もとしのび)という過去があります。天元の初登場は、産屋敷家での柱合会議です。宝石があしらわれた額当てと左目の周りにほどこされた独特な化粧、そして、「派手」という単語がこれでもかと盛り込まれた発言から、彼が派手好きであることがしっかり印象付けられました。

 そして、次の登場がこの『遊郭編』となります。天元のイケメンぶりや、俺様だけどジェントルマンでもあるギャップ、統率力、判断力、そして時々見せる元忍であるがゆえに背負っている苦しみや悲しみといった、女性がきゅんとする要素が満載。『遊郭編』の放送で人気はきっとド派手に急上昇すること間違いなしです。

 この記事では、アニメ『鬼滅の刃 遊郭編』で早く聴きたい、音柱・宇髄天元(CV:小西克幸)のセリフ5選をご紹介します。

※この記事では、まだアニメ化されていないシーンの記載があります。原作マンガを未読の方はご注意ください。

●その1「いいか? 俺は神だ! お前らは塵(ごみ)だ!! まず最初はそれをしっかりと頭に叩き込め!! ねじ込め!!」

 炎柱・煉獄杏寿郎の死の4か月後、竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助の3人は、潜入調査中に連絡が取れなくなった宇髄天元の妻を探し出すために、遊郭に潜入することになりました。その作戦にあたり、初めに天元から言われたのが、この言葉です。

 普通の人が口にしたら、ドSすぎて引かれるであろう、こんなセリフも、イケメンな天元が自信たっぷりに堂々と(しかも、ポーズまでつけて)言うと、嫌味な感じはなく、むしろ清々しさすら覚えます。

 そんな天元に対して、何をつかさどる神なのかと聞く炭治郎のド天然ぶりや、自分は山の王だと胸を張って対抗する伊之助のハートの強靭さも、ある意味、神ではないでしょうか……。

●その2「こっからはド派手に行くぜ」

 遊郭で消息を絶っていた天元の3人の妻(雛鶴、須磨、まきを)を派手に助け出し、いよいよ本格的に遊郭に潜む上弦の鬼との戦いを始めようという時の天元のセリフ。武器である、幅広の2本の日輪刀(鎖でつながっている)を持ち、不敵な笑みを浮かべる天元は、ゾクッとするほど魅力的です。

 この後、須磨とまきをの頭をぽんぽんし、「派手にやってたようだな 流石俺の女房だ」と言う時の笑顔の優しさも涙もの。女性ファンとしては、勇ましい掛け声より、こちらの方がきゅんポイント高いでしょう。

●その3「俺は派手にハッキリと命の順序を決めている まず、お前ら三人 次に堅気の人間たち そして俺だ」

 天元は、妻たちに対して、彼女たち3人の命が世の中で一番大切だと名言しています。自分の命より、お前が大切だ……なんて、なんという殺し文句! 惚れるどころの騒ぎではありません。こんなこと、あの天元の美しい顔でまっすぐに見て言われたら、そのままクリームのようにとろけてしまいそう!

 俺様発言が多い天元ですが、嫁たちにはとにかく優しいのです。鬼の目から逃れるために自ら毒を飲んだ雛鶴を救出し、抱きかかえた時のたくましい上腕二頭筋と優しいまなざし、いたわりの言葉……。強い天元もいいですが、優しさで妻を包み込む天元も早く見たいですね。

■「派手」はゆずれない! イケメン、ムキムキの音柱ならではの名セリフ!

著:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第9巻(集英社)

●その4「絶好調で天丼百杯食えるわ 派手にな!!」

 上弦の鬼の毒がジワジワと体を蝕んでいるはずの天元が放った言葉です。これは、笑いの要素を含んではいますが、実は使う人間を選ぶ危険なセリフと言えるでしょう。

 たとえば伊之助が言った場合、ただのお腹をすかせたかわいそうな少年に見えてしまいそうです。炭治郎だと、馬鹿正直に「でも、本当は2杯が精一杯です」と、地味なセリフになりそうですし、ああ見えて実は大食いの恋柱・甘露寺蜜璃だと、天丼百杯は通常のことかもしれません。

 となると、やはりこれは、イケメンで恵まれた体型をしていて、押し出しもよく、根性もある天元ならではのセリフと言えそうですね。

●その5「『譜面』が完成した!!! 勝ちにいくぞォオ!!!」

 遊郭に潜む上弦の鬼との戦いの最終局面で満身創痍の天元の雄たけび。

「譜面」とは、敵の攻撃動作のリズムを読み、音に変換した宇髄天元独自の戦闘計算式のことです。この譜面によって、相手に確実に打撃を与えていくのです。そして……。

 天元という人は、派手でチャラく、筋肉と腕力に物を言わせていそうに見えますが、実は相手をきっちり分析して倒しにかかる頭脳派であることが分かります。また、俺様タイプなわりには、ワンマンプレーではなく、炭治郎や妻たちを鼓舞しながらチームとして率いていく能力の高さも表れているひと言でもあります。

* * *

『鬼滅の刃 遊郭編』では、天元の名ゼリフを早く聴きたいのはもちろんですが、もうひとつのお楽しみが、彼の素顔披露。ノーメイクで髪をおろした天元は、遊郭の女将や遣手婆もホレさせるほどの「いい男」。その登場が楽しみですね。

(山田晃子)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング