横田基地:米軍機の部品、飛行後に紛失判明

毎日新聞 / 2017年12月7日 21時49分

C130J輸送機=米軍横田基地で

 東京都は7日、米軍横田基地所属のC130J輸送機の部品が無くなったと、北関東防衛局から連絡があったことを明らかにした。都と周辺6市町で構成する連絡協議会(会長・小池百合子知事)は同日、基地や同防衛局などに原因究明や再発防止、関係自治体への速やかな情報提供などを求める文書を送った。

 都などによると、紛失したのは「フレア」と呼ばれる火炎弾の部品(長さ約30~33センチ、重さ約130グラム)。3日午前0時ごろ、飛行後の点検で紛失が分かり、4日午後に協議会へ連絡が入った。飛行中に落下したかは分かっていない。飛来機を含め、同基地での部品紛失は今年だけで計3件という。【熊谷泰】

毎日新聞

トピックスRSS

ランキング