山車にひかれ先導の男性死亡 大分・臼杵祇園まつり

毎日新聞 / 2019年7月12日 21時35分

12日の臼杵祇園まつりで使われた2台の山車の一つ=大分県臼杵市で2019年7月12日午後8時50ごろ、衛藤親撮影

 12日午後8時20分ごろ、大分県臼杵市で催された「臼杵祇園まつり」で山車(やま)を誘導していた同市臼杵の介護士、河村辰彦さん(54)が、山車にひかれた。県警臼杵津久見署によると、河村さんは心肺停止状態で病院に運ばれたが、出血性ショックで死亡した。

 臼杵市消防本部や、まつりの実行委員会によると、河村さんは山車のグループを統括する「宰領(さいりょう)」で、山車の前を歩いて方向を指示して先導していた。午後8時20分ごろ、2台の山車が速度を上げてすれ違う「辻出会い」があり、その際に転倒し、ひかれた可能性があるという。

 実行委などによると、山車は高さ約5メートル、幅約2メートル、長さ約8メートル。木製の車輪で走る。山車の上に男衆が十数人乗り、重さは数トンあるという。

 臼杵祇園まつりは、360年以上続く県の指定無形民俗文化財。この日は午後6時から開かれていた。【尾形有菜、衛藤親】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング