イナズマロックフェス、今年はオンラインで 企画する西川貴教さん発表

毎日新聞 / 2020年7月1日 13時50分

滋賀県の三日月大造知事(右から2人目)らに「イナズマロックフェス2020」について説明する西川貴教さん(左端)=県庁で2020年7月1日午前11時38分、諸隈美紗稀撮影

 9月に滋賀県草津市で予定されていた音楽イベント「イナズマロックフェス2020」が、新型コロナウイルスの感染防止のため、オンラインで開催されることが決まった。同県出身で、フェスを企画するアーティストの西川貴教さん(49)が1日、三日月大造知事を表敬訪問した際に発表した。日程は9月19、20の両日開催から、19日のみに変更となる。

 同フェスは琵琶湖の環境保全と地域振興をテーマに2009年から開催され、19年は2日間で延べ9万5000人(主催者発表)を動員した。収益の一部やチャリティーオークションの売上金は毎年、琵琶湖の環境保全などのために寄付されている。【諸隈美紗稀】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング