1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

異常に眠い!女性ならではの眠気の原因と対策について詳しく解説

楽天お金の総合案内 美人のマネ活 / 2021年9月8日 10時0分

写真

異常に眠い!女性ならではの眠気の原因と対策について詳しく解説

しっかり寝ているのに「異常に眠い」という場合、何らかの病気が隠れているかもしれません。今回は女性ならではの眠気の原因と対策について詳しく解説します。眠気で悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

異常に眠い!女性ならではの眠気の原因と対策について詳しく解説

女性特有の眠気とは

女性特有の眠気とは

しっかり寝ているのに昼間に眠気を感じてしまう原因は「過眠症」などの病気のほか、生活習慣や睡眠の質によるもの、ホルモンの乱れなどさまざまです。

 

女性は毎月の月経や妊娠・出産、閉経など大きなホルモンバランスの変化にさらされています。そのため、ホルモンバランスの変化から「異常に眠い」という症状に悩む女性が多くみられるのです。女性特有の「異常に眠い」という症状が発生してしまう代表的な原因は月経や妊娠、更年期などです。

月経周期によるもの

生理前に眠くなった経験のある女性は多いでしょう。月経による眠気の原因と予防法について解説します。

 

・生理前に眠気が強くなる原因
生理前に眠気が強くなるのは、月経周期により女性ホルモンが変化するのが原因です。女性ホルモンには「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類がありますが、生理前にはこのうちプロゲステロンが多く分泌されます。

 

このプロゲステロンには体温を高くする働きがあるため、就寝時にも体温が下がりにくく寝つきが悪くなるのです。逆に日中には、体温が高くなることで強い眠気を引き起こします。

 

・生理前の眠気を予防する方法
まずは月経周期をしっかり把握し、自分の体調に合わせて、仕事や休暇のスケジュールを調整することが大切です。月経前には規則正しい生活をして、リラックスできるよう好きなことをして過ごしましょう。

 

ただ眠気があるだけでなく心や体の不調がある場合「PMS(月経前症候群)」の可能性もあります。婦人科を受診すれば、PMSの症状を軽減できる低用量ピルや、ホルモン製剤、抗うつ薬などを適切に処方してもらえるでしょう。

妊娠によるもの

妊娠中にはさまざまな要因で眠気を感じる人が多いです。妊娠による眠気の原因と予防法について解説します。

 

・妊娠中の眠気の原因
妊娠すると、生理前と同様にプロゲステロンの分泌が増えるため、体温が上昇して眠気を感じます。妊娠初期は体を安静にしようとプロゲステロンが活発に分泌されるため、特に眠気を感じる人が多いようです。

 

妊娠中期には血液中の栄養や酸素が赤ちゃんに送られ、母体は貧血気味になることから眠気を感じます。妊娠後期から臨月までは、エネルギーを消費して疲れやすいことや、大きなお腹のために眠りの質が落ちることなどが日中に眠気を感じる原因です。

 

・妊娠中の眠気を予防する方法
妊娠中に眠気を感じても、家事や子育て、仕事などで寝てばかりはいられないという方も多いでしょう。仕事場で眠気を感じたときは、ミント系のガムを噛む、眠気覚ましのツボを押す、足先の曲げ伸ばしをするなどの方法があります。自宅で眠いと感じたときは、思い切って眠ってしまうことも一つの手です。短時間の昼寝であれば、夜の睡眠にも大きな影響は出ません。

 

妊婦さんが異常に眠いと感じるのは、妊娠に伴う生理現象の1つです。「今は体を休める時期」と割り切り、眠れるときにはしっかりと体を休めることが大切です。

更年期障害によるもの

更年期障害によるもの

40代後半から50代前半にかけて女性は閉経を迎え、更年期の影響が出てきます。更年期による眠気の原因と予防法について解説します。

 

・更年期に眠気が強くなる原因
更年期に眠気が強くなるのは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が低下し、ホルモンバランスが崩れてしまうためです。その結果、自律神経が乱れ、日中にもかかわらず強い眠気を感じてしまいます。

 

また、更年期には、のぼせや動悸、めまい、頭痛、イライラ、不眠といった症状が現れます。いずれも夜の睡眠の質を下げる原因となる症状です。更年期になると眠気を感じることが多くなるのには、このような理由もあります。

 

・更年期の眠気を予防する方法
更年期の眠気の予防には、生活習慣を整え、適度な運動やリラックスタイムをとることが大切です。自律神経の乱れを原因とする眠気は、このような生活改善によって緩和できる場合があります。

 

更年期障害の症状がつらい場合は、専門医の診察を受けましょう。主にホルモン補充療法や漢方薬が処方されます。

その他の原因

その他の原因

日中眠気を感じる原因はさまざまです。先ほど紹介したもの以外で、考えられる原因について紹介します。

 

・ストレスによる自律神経の乱れ
自律神経が正常であれば、夜間になると「交感神経」優位の状態から「副交感神経」優位の状態に切り替わり、リラックスします。質の良い睡眠をとるのに欠かせない条件です。しかし、強いストレスで自律神経が乱れると、交感神経が優位なままでリラックスできなくなり、眠りが浅くなります。そのため、昼間に眠くなってしまうことがあります。

 

・低血糖
食後に強い眠気を感じる場合は、低血糖が原因かもしれません。食後に血糖値が上がると、糖をエネルギーに変えるためのインスリンが分泌されます。インスリンが大量に分泌され血糖値が下がりすぎると低血糖状態となり、発汗や動悸、手足の震え、脱力感、眠気やめまいなどの症状が現れます。低血糖の原因は、無理なダイエットや朝食を抜くなどの不規則な生活習慣にもあります。低血糖が続く場合は内分泌系の病気の可能性もあるため、医療機関で診察を受けましょう。

 

・過眠症やその他の疾患が隠れている場合も
眠気を感じる状態が続いている場合は、睡眠障害の可能性があります。睡眠障害の一種である過眠症は、夜にしっかり寝ていても日中に眠気を感じてしまう病気です。このほかにも、睡眠障害には「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」や「概日リズム睡眠障害」などがあります。

症状がつらい場合は受診を!

症状がつらい場合は受診を!

強い眠気が続く場合は、ただの眠気ではなく何らかの病気の可能性があります。早めにかかりつけの医師に相談をするようにしましょう。

 

医療費負担に備えるなら、楽天生命医療保険への加入がおすすめです。「楽天生命スーパー医療保険」は手頃な保険料で入院・手術の保障が一生涯続きます。気になった方はぜひチェックしてみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング