1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

コンビニでクレジットカードを使えないものとは?注意点も合わせて確認

楽天お金の総合案内 美人のマネ活 / 2021年12月3日 10時0分

写真

コンビニでクレジットカードを使えないものとは?注意点も合わせて確認

現在ではほとんどのコンビニがクレジットカード払いに対応し、現金を持ち歩かずとも買い物ができるようになりました。クレジットカード払いはスピーディに決済が完了する上、ポイントも貯まるお得な決済方法です。ただし、中にはクレジットカードでは支払えない商品もあるので注意しなければなりません。この記事ではコンビニでクレジットカード払いをする際の注意点について解説します。

コンビニでクレジットカードを使えないものとは?注意点も合わせて確認

コンビニでクレジットカードは使える?

コンビニでクレジットカードは使える?

2021年12月現在、大手コンビニチェーンでは全店舗がクレジットカード払いに対応しています。クレジットカード以外にも、電子マネー、スマホ決済など幅広いキャッシュレス決済が利用可能です。一方、ローカルチェーンや個人経営のコンビニなどではクレジットカード決済に対応していない場合もあります。利用前に使える決済方法を確認しておきましょう。

コンビニでクレジットカードを使うメリット

コンビニでクレジットカードを使うメリット

コンビニでクレジットカードを使うことには、さまざまなメリットがあります。クレジットカードをコンビニで上手に活用しましょう。

 

・少額でも使える
コンビニでは数百円程度の少額の支払いでもカード決済が可能です。キャッシュレス決済の普及に伴い、現在では多くの方が少額でもカード決済を利用するようになっています。

 

・暗証番号入力やサインが不要
一般的にクレジットカードを利用する場合、暗証番号やサインが必要になるため面倒だと感じる方もいるかもしれません。その点、大手のコンビニは「サインレス決済」を導入しており、少額決済で暗証番号入力やサインは必要ありません。コンビニのほかスーパーなど、レジが混み合う場所ではこのサインレス決済を導入していることがあります。

 

カードやお店によってサインレス決済ができる金額は異なり、例えばセブンイレブンやローソンの場合は1万円以下、ファミリーマートでは一部カードが4,000円未満となります。コンビニでの支払いは高額になることが少ないので、ほとんど気にする必要はないといえるでしょう。

・利用額に応じてポイントやマイルが貯まる
コンビニでクレジットカードを利用すると、利用額に応じてカード会社から付与されるポイントやマイルが貯まります。貯まったポイントやマイルで欲しいものを買ったり、旅行に行ったりと好みの方法で活用しましょう。

 

たとえ少額の利用でも、こまめに利用することが多いコンビニでの買い物が積み重なれば多くのポイントが獲得できます。よりポイントを効率良く貯めたいという方は、ポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶのがコツです。この記事の最後でコンビニでの利用におすすめのクレジットカードを紹介していますので、参考にしてみてください。

 

・決済がスムーズ
カード決済では、財布から現金を取り出してお釣りをやり取りする手間が省けるため、スピーディに会計が終わります。コンビニの少額の買い物ではサインや暗証番号も必要なく、クレジットカードを端末に差し込むだけで決済完了です。通勤時間や仕事のお昼休みなど急いでお会計を済ませたいときには便利でしょう。

 

最近では、クレジットカードを端末にかざすだけで決済ができる「タッチ決済」に対応しているカードも増えていて、よりスピーディに支払いができるようになりました。

 

・衛生的
クレジットカード決済では現金に触れずに会計ができるため、利用者・従業員の両方にとって衛生的といえます。ウイルスや細菌が付いている恐れがある現金に触れずに済むため、感染症のリスクを減らせて安心です。

コンビニでクレジットカードを使う際の注意点

コンビニでクレジットカードを使う際の注意点

コンビニでのカード決済は便利で多くのメリットがありますが、知っておきたい注意点もあります。注意点について確認しておきましょう。

 

・支払い回数は1回払いのみ
クレジットカードの支払い方法は1回払いのほか、分割払いやリボ払いなどがありますが、コンビニでは1回払いしか選択できません

 

ただし楽天カードのように、店頭で1回払いを選んだ場合でも後から分割払いやリボ払いに変更できるクレジットカードもあります。

 

・クレジットカードを使えない商品もある
コンビニではさまざまな商品やサービスの支払いにクレジットカードの利用が可能ですが、一部の商品はクレジットカード払いに対応していません。特に普段から現金を持ち歩かずにクレジットカードで買い物をしているという方は注意が必要です。次の項目で詳しく解説していきます。

コンビニでクレジットカードを使えないものって?

コンビニでクレジットカードを使えないものって?

クレジットカード払いができないものは、基本的には以下のとおりです。ただし、ファミリーマートでの「ファミマTカード」払いなど、コンビニと提携しているクレジットカードでは支払える場合があります。

・コピー・プリントの利用料金
コンビニに設置されている複合機を使ったコピー・プリント料金の支払いは、基本的に現金払いのみとなっています。セブンイレブンではnanacoを使った支払いが可能ですが、その他のコンビニでは電子マネーも利用できません。コンビニでコピーやプリントをしたい場合は、現金(硬貨)を持っていくようにしましょう。

 

・公共料金・税金など払込票の支払い
電気や水道、ガスなどの公共料金各種税金健康保険料などの払込票を使った支払いを、クレジットカードですることはできません。これらはコンビニが収納代行業務をサービスで取り扱っているものであり、クレジットカードでの支払いを受け付けると手数料分の損失が生じるためです。

 

・切手や印紙類
切手やはがき、印紙類なども、コンビニではクレジットカードで購入することはできません。これらも郵便局の業務代行をしているだけであり、手数料がかかるのを防ぐためです。

 

・商品券や金券
コンビニで購入できる各種商品券やプリペイドカード、金券類はクレジットカードでの支払いができません。これらの商品は換金が可能であり、クレジットカードの現金化に繋がる恐れがあるためです。クレジットカードの現金化はカード会社の利用規約でも禁止されています。

 

・自治体発行のゴミ袋など
コンビニでは、自治体が発行するゴミ処理券や指定のゴミ袋を購入することができますが、これらの支払いもクレジットカードは利用できず現金払いのみとなっています。これらは自治体に代わって販売しているものであり、クレジットカードで支払うと手数料がかかってしまうためです。

コンビニでの利用がおすすめのクレジットカード

コンビニでの利用がおすすめのクレジットカード

最後に、コンビニでの利用におすすめのクレジットカードを紹介します。

 

・楽天カードは年会費永年無料・1%の高還元率
楽天カードは「JCSI(日本版顧客満足度指数)調査」において、2009年度の調査から12年連続で「顧客満足度第1位」を獲得している人気のクレジットカードです。年会費は永年無料・発行も無料なのでクレジットカード初心者にもおすすめです。

楽天カードを使って支払いをすると、100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。還元率は1%と、クレジットカードの中でも高還元率となっておりポイントの貯まりやすさが最大の魅力です。

 

さらに、貯まった楽天ポイントは、楽天市場でのお買い物や楽天トラベルでの旅行予約など、楽天のさまざまなサービスで利用できます。電子マネーの楽天Edyやスマホ決済の楽天ペイにチャージすれば、コンビニでの支払いに使うことも可能です。

 

・Visa・Master Cardのタッチ決済でスピーディ!

VisMaster Cardのタッチ決済でスピーディ!

現在楽天カード(Visa, Mastercard)に新規申し込みをすると、タッチ決済機能が付帯したカードが発行されます。タッチ決済は、レジで専用の端末にクレジットカードをかざすだけで決済ができるサービスです。サインや暗証番号の入力は不要でスピーディに決済ができます。もちろん楽天カードはタッチ決済でもポイントが貯まります。

すでに楽天カードを持っているという方は、カードを確認してみてください。タッチ決済のマークが付いていれば、そのままでタッチ決済を利用できます。カードがタッチ決済対応でない場合は、作り直すか2枚目のカードを申し込めばタッチ決済機能が付帯したカードが取得可能です。

 

コンビニでスマートに支払いをしたいという方は、楽天カードのタッチ決済をぜひ利用してみてください。

 

・ファミマなど一部のコンビニではポイントの二重取りが可能!
楽天カードの裏面には、楽天ポイントカード機能が付帯しています。楽天ポイントカードとは楽天ポイントの加盟店でお買い物をする際に、バーコードを提示するだけでポイントが貯まるサービスです。楽天ポイントカード加盟店であれば、裏面のポイントカードの提示と楽天カードでの支払いでポイントの二重取りが可能になります

 

楽天ポイントカードが使えるコンビニは、2021年10月時点で以下のとおりです。

 

●ファミリーマート
●ファミマ!!
●TOMONY
●スリーエイト
●デイリーヤマザキ
●ポプラ
●生活彩家
●くらしハウス

 

楽天ポイントカードでもらえるポイント数はコンビニによって異なり、例えばファミリーマートの場合、楽天ポイントカードの提示でお買い物200円(税込)につき1ポイントが貯まり、楽天カードの支払いで100円につき1ポイントがさらに貯まります。2,000円のお買い物をして楽天カードで支払いをすれば、ポイントの二重取りとなり30ポイントが貯まります。

 

楽天ポイントカードが使えるコンビニでは、貯まったポイントを1ポイント1円として使うことも可能です。ポイントを使いたい場合は、楽天ポイントカード(楽天カード)を提示して「ポイントで支払います」と伝えましょう。

 

楽天ポイントカードが使えるコンビニを普段利用しているという方は、楽天カードを上手に活用してお得にお買い物をしてみてください。

まとめ

コンビニでクレジットカードを利用することで、スピーディに買い物ができ、ポイントが貯まるといったメリットがあります。ただしコンビニでは何でもクレジットカードで支払えるというわけではありませんので、事前に使えるものと使えないものを把握しておきましょう。

 

コンビニで利用するクレジットカードは、年会費永年無料でポイントがザクザク貯まる楽天カードがおすすめです。ファミリーマートやデイリーヤマザキなど楽天ポイントカードが使えるお店では楽天ポイントの二重取りも可能です。まだ持っていない方はぜひチェックしてみてください。

このテーマに関する気になるポイント!

  1. コンビニでクレジットカードは使える?
    大手チェーンのコンビニは、全店舗がクレジットカード払いに対応しています。

  2. コンビニでクレジットカードを使う際の注意点は?
    支払い方法は「1回払い」だけで「クレジットカードが使えない商品もある」といった点に注意する必要があります。

  3. クレジットカードが使えないコンビニの商品とは?
    公共料金や税金、はがきや切手、商品券やプリペイドカードなどは基本的に現金支払いのみです。

  4. コンビニでおすすめのクレジットカードは?
    楽天カードは年会費無料で1%の高還元率なので普段使いにおすすめです。楽天ポイントカード加盟店のコンビニならポイントの二重取りもできます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください