トーク上で「LINE Pay」決済が可能に!予約代行サービス「ペコッター」のアカウントで導入開始

MarkeZine / 2018年10月9日 13時0分

写真

“ごほうび”購入イメージ

 LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、ブライトテーブルが開発・運営するグルメコンシェルジュサービス「ペコッター」と連携を開始。同サービスの「LINE」アカウント(チャットボット)「ペコッターのはらぺこ君」のトーク上で、「LINE Pay」を利用した支払いが可能になったことを発表した。なお、「LINE」トーク上での「LINE Pay」決済機能導入は、初の事例となる。

 「ペコッター」は、飲食店の予約をチャットで依頼するだけで代行してくれるサービス。2015年からiOS版アプリでのサービス提供を開始し、今年の7月から「LINE」アカウントで同サービスを提供している。

 このたび、「ペコッター」iOSアプリ版のみで提供されていた、購入すると他のユーザーよりも優先的に予約代行してもらえる“ごほうび”を「LINE」アカウント版でも提供開始するにあたって、決済手段として「LINE Pay」が導入された。
“ごほうび”購入イメージ

 「LINE」トーク上での「LINE Pay」決済機能は、「ペコッター」の協力により試験的に実装された。LINE Payは今後、ユーザーがサービスを利用する際に都度情報入力をする手間や時間を短縮するため、「LINE Profile+」との連動も検討している。

MarkeZine編集部[著]

markezine

トピックスRSS

ランキング