楽天インサイト、楽天IDを活用した調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始

MarkeZine / 2018年10月23日 15時0分

写真

 楽天インサイトは10月23日、約9,900万の楽天IDにもとづく分析データを活用した総合調査ソリューション「イノベーターマーケティング」の提供を開始した。

 楽天インサイトは今回、生活者を新たな商品や情報への感度に応じて5つに分類する「イノベーター理論」をもとに、独自の生活者分類プログラムを構築し、「イノベーターマーケティング」を開発した。これまで主流であったアンケート調査から得られる生活者の主観的な「意識データ」に加え、楽天IDを組み合わせることで、より高い精度でアンケートモニターを分類し、調査・分析・コンサルティングが行える。
「イノベーター理論」における5つの生活者分類

 同ソリューションで提供されるアンケートモニターは、クライアント企業の要望に応じて、総合的な情報への感度にもとづいて分類する「業界横断型」、または特定の商品カテゴリーに特化して分類する「業界特化型」にカスタマイズができる。

 また、同ソリューションを利用した調査および分析は、「自社の商品・サービスのターゲットとなる市場や顧客にどのように受容されるか」といった、将来性を加味した顧客理解を促進。これによって、これまでとは異なる基軸による新たな市場の創造に貢献する。

MarkeZine編集部[著]

markezine

トピックスRSS

ランキング