YouTube・Amazonの検索データにも対応!競合調査ツール「Ahrefs」が大幅にアップデート

MarkeZine / 2019年2月27日 7時15分

写真

「Ahrefs」イメージ

 デジタルマーケティング支援を行うフルスピードは、被リンク分析・競合調査ツール「Ahrefs(エイチレフス)」内のキーワード検索機能が「キーワードエクスプローラー 3.0」として大幅にアップデートされたことを発表した。
「Ahrefs」イメージ

 今回の「Ahrefs」のアップデートでは、これまで対応していたGoogle検索に加え、新たに下記の9つのサービスにおいて、指定のキーワードに対する「検索ボリューム」「複合キーワード候補(指定のキーワードを含む)」が確認できるようになった。

1.YouTube
2.Amazon
3.Bing
4.Yahoo
5.Yandex(ヤンデックス):ロシアの検索エンジン
6.Baidu(百度):中国の検索エンジン
7.Daum(ダウム):韓国の検索エンジン
8.Naver:韓国の検索エンジン
9.Seznam(セズナム):チェコの検索エンジン

 これによって企業は、ユーザーが求めている情報・商品を検索キーワードから予測でき、より効率的なリサーチが行えるようになった。その他、SEO分析ツールとしてだけではなく、新たな視聴者を集めたいと考えるYouTuberや、Amazonでの販売強化を目指すECサイト運営者などの間においても活用が見込まれる。

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング