「Google Marketing Live 2019」キーノートで発表された新機能まとめ

MarkeZine / 2019年5月16日 7時0分

 米国時間2019年5月14日(火)、サンフランシスコで「Google Marketing Live 2019」が開催されました。本稿では、キーノートで発表されたアップデートについて紹介します。

■矛盾するユーザーの要求にどう答えるか

 米国時間2019年5月14日(火)、Googleは、Google広告や「Google Marketing Platform(旧DoubleClick関連製品およびGoogleアナリティクス)」など、マーケティング関連プロダクトに関するアップデートを発表する「Google Marketing Live 2019」をサンフランシスコで開催しました。

 このイベントは毎年1回開かれており、「Google Marketing Live 2019」は、昨年7月に行われた「Google Marketing Live 2018」を引き継ぐ形になります。昨年の発表については、こちらの記事をご参考ください(すべての広告主の手に機械学習を/Googleの表明と16のポイント【GML2018】)。

 GoogleのSenior Vice Presidentで広告関連製品のビジネスを統括するPhilipp Schindler氏は、キーノートの冒頭で、世の中の変化について、下記の3つの点を強調しました。

1.スマートデバイスの登場

 スマートフォンはもちろんのこと、スマートスピーカー、スマートテレビなど、様々なデバイスが登場し、ユーザーはよりパーソナライズされた精度の高い体験を期待していること。

2.機械学習の精度の向上

 デバイスの性能の向上によって処理スピードが飛躍的に速くなり、今まで難しかった画像認識や翻訳の精度が向上したこと。

3.プライバシーへの意識の高まり

 ユーザーから、機械学習を用いてパーソナライズされた体験が求められる一方で、データに対するプライバシーも重視されること。

 ユーザーが求める情報のクオリティが高くなる中、プライバシーへの懸念から使用するデータは制限される方向にあり、精度の高い回答をユーザーに返すことは難しくなっています。この矛盾したユーザーの要求に対して、機械学習の力を最大限に活用してうまくバランスを取りながら開発を進めることがキーノート全編を通して強調されていました。

 では、ここから「Google Marketing Live 2019」で発表されたアップデートについて共有します。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング