ソフトバンク子会社のビューン、店舗のサブスク型サービス導入を支援する「Sub.」を提供開始

MarkeZine / 2019年5月21日 16時30分

写真

「Sub.」利用イメージ

 ソフトバンク100%子会社のビューンは、店舗を経営する法人向けにサブスクリプション型サービスの導入を支援する「Sub.(サブ)」の提供を開始した。またあわせて、店舗のお得な情報を掲載できるウェブサイト「Sub.ポータルサイト」をオープンした。

 「Sub.」は、サブスクリプション型サービスの導入に必要な、継続的に決済する仕組みや定額会員の管理といった機能をパッケージ化したシステム。来店客はスマートフォンから店舗で利用できる定額サービスを購入でき、店頭で商品の引き換え画面を見せるだけで利用することが可能だ。

「Sub.」利用イメージ

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング