今年のお盆は3割以上の人が9連休に 6割がお盆休みを取得【エクスペディア・ジャパン調査】

MarkeZine / 2019年6月11日 12時0分

写真

 エクスペディア・ジャパンは、「社会人経験のある20代~50代の男女」を対象に「ゴールデンウィークとお盆休みに関する意識調査」を実施した。

●約6割の人が「お盆休みがある」と回答。3割以上の人が9連休に

 今年の8月について「8月13日(火)~15日(木)のお盆の期間、休みになりますか?」という質問をしたところ、休みになる人が56%と、半数以上の人がお盆の期間が休みになることがわかった。

 今年のお盆は16日(金)も休みになれば週末とあわせて9連休になるが、お盆の期間が休みになる人のうち、9連休になる人は約6割と、全体のうち約3割の人が9日間の休みとなる見込みだ。

 ゴールデンウィークは、「家族が家にいるため家事が大変」などの理由で「嬉しくない」という回答が約半数に上ったが、お盆休みについては92%の人が「嬉しい」と回答。その理由に「家族と過ごせる」ことが挙がり、親戚全員が一斉に帰省することで、家族での過ごし方がゴールデンウィークとはまた異なるのではないかとエクスペディア・ジャパンは分析している。

●ゴールデンウィークで急上昇した旅行先はウラジオストク

 エクスペディアでの予約状況に基づいた今年のゴールデンウィークの人気急上昇旅行先ランキングによると、「日本に一番近いヨーロッパ」として人気が上がっているウラジオストクが1位という結果になった。

 ゴールデンウィークによる価格高騰を少しでも抑えるために、東京発ではなく韓国発や台湾発のフライトを購入したり、価格が低くなるトランジット便を利用して目的地以外のトランジット先での観光も楽しんでいる人が増えた結果、空港エリアであるインチョン(韓国)と桃園(台湾)がそれぞれ2位、5位にランクインした。

【調査概要】
調査主体:エクスペディア・ジャパン
調査方法:インターネットリサーチ
サンプル数:400
調査期間:2019年5月21日~23日
※小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がある

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング