ソニーネットワークコミュニケーションズとベクトル、SoVeCを設立 AI活用の動画作成エンジンを提供

MarkeZine / 2019年6月18日 13時0分

 ソニーネットワークコミュニケーションズとベクトルは、新会社としてSoVeC(ソベック)を設立。ソリューションの第一弾として、AIを活用した動画自動作成エンジンの提供を開始した。

 SoVeCは、ソニーグループの技術を活用したサービス事業における知見と、ベクトルグループのコミュニケーション戦略実行力を活用し、デジタルコミュニケーション領域においてソリューションを提供していく。

 SoVeCのAIを活用した動画自動作成エンジンは、動画制作の専門知識を必要とせず、手間なく動画コンテンツを生成することが可能。多くのコンテンツを抱えるメディアや、動画でのタイムリーな情報発信が必要な企業での利用が見込まれる。現在は法人向けに試験的に提供されており、サービス内容は順次拡充される予定だ。

MarkeZine編集部[著]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング