えっそんなことで!? 外食デートで男がワリカンにする衝撃理由5つ

Menjoy / 2013年10月30日 20時0分

気になるカレとのせっかくのデート。結構うまく話せたし、それなりに盛り上がった! ……なのに、帰り際に「じゃあ、ワリカンでひとり3,500円ね」なんて言われたら、おごってもらうのが目的ではないにしろ、ちょっと凹んでしまうのが正直なところではないでしょうか。

「じつは、男子がおごらないのには、脈アリ・ナシ以外に理由があるんです」と語るのは、非モテ・ライターの塚田牧夫さん。

モテはしないものの、女性からご飯に誘われることは少なくないという塚田さんは、相手がどんなに好みでも、たとえおごるつもりでご飯に行っても、結局はおごらないでワリカンを要求するケースがあるそうなんです。

いったいそれは、どんなケースなのでしょうか? 早速見ていきましょう。

 

■1:デートっぽい服装じゃない

「なんか、スウェットとかパーカーとか、全然デートっぽくない服装で来る女子っていますよね。オレのことを全然男として意識してないって感じで。そうなると、なんだか相手を女性扱いする気が失せて、“ワリカンでいいか”と思ってしまいます。

逆にワンピースなんかだと、女の子扱いしなければいけない気持ちが沸いて、おごっちゃいますね」

女性にしか身につけられない服を着ていくのがいいようです。

 

■2:一方的に話しまくる

「おごってあげるつもりで食べ始めたのに、おごらないことがあります。それは、相手が話してばっかりでこっちの話を全然聞いてくれない場合。

こんなことを言うのはアレですが、おごってもらいたいのなら“聞き上手”になって、男子が気持ちよくなれるように少しはサービスするべきです」

ちゃんとオレの話を聞け、ってことですね。

 

■3:隙がなさすぎる

「夜の食事ともあれば、多少なりとも淡い期待を胸に抱いて臨むのが男子というもの。それなのに、“●時の電車で帰るね”とかいきなり言ってくる感じだと、おごる気もなくなりますよね」

せっかくの期待に水をかけるな、ってことですね。

 

■4:顔がタイプじゃない

「コレを言ったら元も子もありませんが、“思ったより可愛くなかった……”なんてなれば、財布のヒモもかたくなります」

これはもう、どうにもしようがないですねー。

 

■5:白々しく財布を出す

「会計時に、払うつもりもないのに一応財布を出して“いくらだろうね?”なんて言ってくる女性がいます。で、“いいよ、オレ出すよ”って言うと、食い気味で“いいの!?  ありがとう”なんて白々しく言ってくるんですよね。

こんなやつは、ムカつくし、“そんなに出したいなら出させてやるよ”って気持ちで、ワリカンにしちゃいますね」

まあ、財布を出して聞くだけいいのでは、と思わないでもないですが……。

 

ということで、いかがでしたか? 

もちろん初めからおごる気のない男性もいるとは思いますが、これらに該当したせいで、おごってもらえないだけでなく、女性としてケチつけられるとしたら大損です。男性側の考え方も人それぞれ。みなさんも気をつけましょうね。

 

【関連記事】

※ 絶対開けちゃダメ!男がヤバイものを隠している場所4つ

※ こんな水着はいやだ!男が全く萌えあがらないNG水着4つ

※ スマホ使いの女性は必見!「モテるスマホケース」の4パターン

※ なんと「ストレスフルな男性ほど自分と似ていない女性を好む」と判明

※ 使用NG!男がうんざりする女の「浮気の言い訳」11選

 

【取材協力】

※ 塚田牧夫・・・ライター。モテない中年。家電、電子小物などガジェット系を専門に雑誌・ウェブで活躍する傍ら、遅すぎるモテ期を自らの手で到来させるべく、日夜モテる男子にモテ指南を受け、情報収集に勤しんでいる。最近始めたモテ用Twitterアカウントは @tsukadamakio

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング