スルーしたら危険!結婚前に絶対に話し合っておくべき話題6つ【後編】

Menjoy / 2013年11月1日 19時0分

たとえ面倒くさくても、結婚前に絶対に彼と話し合っておくべき6つの話題について、カウンセラーの根本裕幸さんから紹介いただいています。

【前編】では比較的思いつきやすい問題をお話しましたが、ここからさらに思いも寄らぬ方向の話題が飛び出します。結婚してから後悔しないように、ぜひチェックしておきましょう。

では残る3つの話題について、見ていきましょう。

 

4:趣味について

「もし、自分がハマっている趣味があるならば、事前にきちんと話してパートナーに理解を求めておいたほうがいいです。趣味というくらいなので、相手にとっては“どうでもいい”ことも少なくないですし、理解されにくいことも多いです。

しかし、自分が情熱を持っていることが伝わると、黙認してくれる可能性が高いです。黙ってこそこそやると、結婚後明らかになったときに壁を作られるので、注意してください」

趣味くらいで、と軽く考えると、痛い目にあうそうです。できれば一緒に楽しみたいところですが、全く興味のない範囲では難しいですよね。結婚する以上は、あなたの“こっそり楽しんでいる趣味”も、赤裸々に語っておきましょう!

 

5:お金の問題について

「結婚後に“お金”をどう管理するのか? “妻が一括管理”するのか、あるいは“お財布を3つ(夫・妻・共通)持つ”とか、“全体は夫が、生活は妻が担当”するのかなど、お互いが納得できるように話し合っておくことがとても大切です。

とくにお金は経済社会の中での生命線になりますから、相手任せではなく、自分自身のことと自覚をもって向き合ってほしいですね。

お金で揉めることは大変多いです。もし借入がある場合は必ず相手に告白し、見通しも含めて説明しておくことが大事です」

結婚してから相手に借金があったことがわかるケースなどもあるようです。お金だけが重要ではないですが、最低限管理できる下地を作っておく必要がありそうです。

 

6:それまでの異性関係について

「いわゆる身辺整理に当たるものですが、きちんと過去の恋愛は精算しておいたほうがいいです。結婚式に元カノ・元彼が乱入してくるケースは、意外とあるようです。

“オープン”な関係ではなく、“別れていたと思っていた人と実はずっと繋がっていた”なんてケースも少なくないので、お互いの信頼関係のためにも“どんな相手と付き合っていたのか”“今、その人とはどんな関係なのか”については明らかにしておくほうがいいでしょう」

結婚式に乱入って、現実にあるのですね。たしかに、結婚をすると周りの人間関係も変わりやすいもの。彼と2人で幸せになると決めたのなら、過去の恋は完全にカットしてしまいましょう。

 

以上、結婚前に絶対に彼と話し合っておくべき6つの話題についてお伝えしましたが、いかがでしたか? 

【前編】【後編】をあわせた6つの話題、今まで彼と話したものはありますか? 結婚直前になると話し合いを持つ時間も取れないかもしれないので、結婚を考え始めた時点から、1つずつ話題にしていくのがよさそうですよ。

 

【関連記事】

こりゃ即アウト!一緒に飲むとストレスが溜まる男性の特徴5つ

勘弁してよ!男に「重たい女」と感じられてしまう危険な一言7選

不倫中の奥様は注目!夫にバレても「許してもらえる」対処法はコレ

「えっなんでこの店?」彼氏にドン引きされない店選びの絶対条件3つ

男がプロポーズするときに最も気にしているのはアレのサイズだった!

 

【取材協力】

※ 根本裕幸・・・カウンセリングサービス所属カウンセラー、兼神戸メンタルサービス所属トレーナー。1997年より神戸メンタルサービスにて代表の平に師事。2000年よりプロカウンセラーとして活動。カウンセリングサービスの設立メンバー。現在は大阪を中心に東京、名古屋、福岡で面談カウンセリングを行うほか、グループカウンセリング、電話カウンセリング、心理学ワークショップの講師を担当。11月下旬に新著『頑張らなくてもずっと愛される女性になる方法』(リベラル社)出版。HPは「心理カウンセラー◆根本裕幸のプロフィールページ」、facebookは「根本 裕幸」。

 

【画像】

by sergis blog

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング