うっかりクチを出すと超ウザがられる「彼のお金の使い途」5つ

Menjoy / 2013年11月11日 18時0分

お付き合いが長くなったり、同棲をしたりすると、ついつい彼のお金の使い方まで管理してしまいがちという方もいるのではないでしょうか?

しかし、あまりやりすぎてしまうと、彼が窮屈に感じてしまったり、「女房ヅラするな」とウザがられてしまう危険がありますよね。

そこで今回は、『フルーツメールランキング』の「男性としてお金をケチりたくないところランキング」を参考に、“彼女に文句を言われると男性がイラッとしがちなお金の使い途“についてチェックしてみたいと思います。

 

■1:車・バイク

女性の美容代や洋服代ではないですが、こういった“憧れ”の対象になるものに、あまり独身の頃からケチをつけられると、うっとうしく思われてしまいそうですね。

自分の収入の範囲で楽しんでいるようなら、むしろ「かっこいい車に乗れて嬉しい」など、素直に感心してあげたほうが喜ばれそうです。

 

■2:飲み代

“おネエちゃん”のいるお店にハマりすぎている、などの事情があったら、少し文句を言いたくなりそうですが、仕事のお付き合いや息抜きの範囲であれば、目くじらを立てないで、自分もお友達と自由に飲みに行ったほうが健康的かもしれません。

女性側があまり出かけない真面目なタイプであるがゆえに、男性側の自由奔放な行動に腹がたってしまうというケースは、精神的にストレスがたまりそうですね。そんな出不精さんは出不精さん同士でお付き合いしたほうが、平和なお付き合いができそうです。

 

■3:旅行

学生であれば貧乏旅行も楽しいものですが、ある程度の年齢になると、休暇くらいなるべくストレスフリーに楽しみたいものです。せっかくの旅ですし、ちょっとがんばってお金をかけて、非日常空間を楽しみたいものです。彼の一人旅などで一緒に行かない場合でも、贅沢だと文句を言うより、「このホテルいいなー。今度連れて行って!」と明るく言ってみるほうが感じが良いですね。

 

■4:デート代

もちろん、自分以外の女性とのデート代だったら問題ですが、その場合はお金というより女性関係の問題なので……せっかく生活感の少ない時間を楽しめる恋人同士という関係を楽しまないと損なので、あまりケチケチせずに、素直に喜びたいですよね。

もし、どうしても彼の懐具合が気になる場合は、文句を言ってお店のランクを落とすより、割り勘を申し出てみるのもアリかもしれません。 

 

■5:趣味

これは、たとえ結婚後でも、気軽に踏み込んでしまってはケンカになりかねないデリケートな使い途ですね……。 彼が大切に思っているものを“軽く”扱うと、彼のプライドが傷つけてしまう危険性もあるので、趣味のために高額の借金をしているなど常識を逸脱しているケースでない限りは、あまり口を出さないほうが無難ですね。

いっそのこと、自分も同じ趣味を持ってみて、彼と一緒に前向きに楽しんでしまうのも、よいかもしれません。

 

以上、彼女に文句を言われると“男性がイラッとしてしまう”お金の使い途についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

結婚をして、子供が誕生したりすると、どうしてもお互いのお金の使い方について話し合う機会が出てきますが、あまり管理しようとしすぎてしまうと、せっかくの“ロマンチックな関係がくすんでしまったり、ウザがられてしまったりするかもしれません。

背伸びして夫婦の生活感を先取りするより、お互い自立した存在としてパーソナルスペースを確保したほうが、楽しいお付き合いができそうです。あまりにも金銭感覚が合わない場合は、ひとこと言いたくなることもあるかもしれませんが、人を変えることは難しいもの。

彼の基本的な金銭感覚を理解した上で、自分と合うのかどうか、じっくり判断したほうが懸命でしょう。

 

【関連記事】

こんな男は生涯貧乏!「将来性が期待できない」男子の見抜き方6つ

※ 返信おそっ!女性をいらだたせる「男がメールを返信しない」6つの理由

※ 今が狙い目!「ステキな物知り」オタク男子にモテる女子の特徴3つ

分類されたらアウト!男性が考える「本命になれない系女子」6タイプ

もう憧れではない?調査でわかったイマドキ男女のオフィスラブ事情

 

【参考】

男性としてお金をケチりたくないところランキング – フルーツメールランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング