これが地方の現実!3割以上「出会いがない」北関東の婚活事情

Menjoy / 2013年12月1日 18時0分

さて、今年も開催された『ゆるキャラグランプリ2013』。栄えある第一位に輝いたのは、栃木県佐野市のご当地キャラクター『さのまる』でした。

佐野らーめんのお椀の笠をかぶり、いもフライの剣を持った佐野の城下町に住む侍(イヌ)で、前髪は麺で出来ているそうです。ベチョベチョですね。

ちなみに第三位は群馬県の公式キャラクター『ぐんまちゃん』。このように、ご当地キャラでは圧倒的な実力を誇る北関東勢、『Menjoy!』読者のみなさんは、どんなイメージをお持ちですか?

今回は、『株式会社オーネット』が北関東エリアに住む25~39歳の独身男女518 名を対象に実施した「結婚に関する意識調査」から、北関東の婚活事情をご紹介します。

「出会いが少ない」なんて嘆くそこのあなた! この記事を読んで北関東の反省を活かさないと、大変なことになっちゃうかも!? とくに地方在住の女性の皆さんは、他人事ではないですよ!

 

■群馬・栃木は出会いが少ない

「現在、独身でいる理由」の質問の回答として最多となったのは「異性との出会いの機会がほとんど無い」で、男性39.2%、女性32.2%でした。

また、男性の35.7%は「経済・雇用の不安」を結婚しない理由に挙げました。これは首都圏の独身男性29.5%に比べ約6%も高い結果となっています。

筆者(男性)は栃木生まれ茨城育ち群馬在住の北関東ネイティブですが、「人がいない」というのが体感的な事実。出会いも、産業も、悲しいかな人がいなければ発展しないことでしょう。

 

■『街コン』発祥の栃木県では不人気

そうなると、やはり自分から対策をしなければなりませんが、意外なのは当人たちの危機感。この調査では、北関東在住の独身男女の半数以上は、それほど積極的に婚活をしていないことがわかりました。

なかでも、とくに栃木県では男性63.4%、群馬県では女性64.8%と高い割合が「とくに婚活をしていない」と回答する結果となっています。総じて、腰が重いのが北関東の県民性ということでしょうか。

ちなみにいわゆる『街コン』発祥の地は栃木県とされていますが、街コンに参加したことがある栃木県の男女は約3%に留まったようです。意外なほどに不人気ですね。

 

■“愛県意識”は群馬県が最高

「結婚相手の住む地域」について、群馬県の独身男女は、他県と比べて「県内」を希望した割合が非常に高く、男性24.5%、女性28.6%となりました。

理由で見ると、男性では1位が45.5%の「今の仕事を続けたい」、2位は「親が住んでいる(実家)」。女性では1位が54.3%で「親が住んでいる(実家)」、2位が「その地域が好き」の41.9%です。

「なにもなくてつまらない」と言いながら、なんだかんだ地元を愛している北関東民。「知らない土地に行くのは不安だ」などの回答も目立ち、やや内向きな傾向があるとわかりました。

 

いかがでしたか? この調査からわかるのは、優先順位をつけることの大切さ。このままではいけないとわかっていも、変化を望まないのであれば、ずっと「出会いがないから結婚できない」と嘆きつづけることに。

諦めきれないことなら、即行動。その際にはぜひ、『Menjoy!』の記事を参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

※ ナイーブなんさー!群馬県出身 「グンマー男子」の特徴7つ

※ 言われたらトロけちゃう!方言男子の「甘~い誘い文句」5つ

 意外?「尽くしてくれる男性」が多そうな都道府県1位はアソコ

※ ザ・日本男児?「ガンコな男性が多い都道府県」1位はアソコ

※ 茶ぁしばこかー?「ナンパが上手そうな男子がいる」都道府県1位はアソコ

 

【参考】

結果発表 – ゆるキャラグランプリ2013公式サイト

※ 北関東の独身男女の結婚に関する意識調査 – 株式会社オーネット

 

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング