乱発による暴落に注意!日本人の「キスのお値段」は平均●万円と判明

Menjoy / 2013年12月12日 22時0分

「ファーストキスの味は?」なんて今や恥ずかしくて聞けない質問ですが、やっぱり初めてのキスには特別な思い出がありますよね。

しかし、最初は宝物のような価値があったキスも、回を重ねるごとに価値も重みも軽くなっていく……。経験によって得るものもあれば、失くすものもあるということを、キスから学ぶ瞬間です。

果たして、キスにはどのくらいの価値があるのでしょうか?

そこで今回は、早稲田大学で人気の講義“恋愛学”を担当している森川友義氏の著書『結婚は4人目以降で決めよ』を参考に、キスの価値についてご紹介します。経済合理性から導き出された“キスのお値段”、いったいおいくらなんでしょう?

 

■デート回数×食事代 =キスの価値

<キスを飛ばして性行為に至るということはほぼ確実にありませんので、この重要な儀式であるキスにたどり着くことがすべての始まりです。相思相愛への大きな登竜門です。>

森川氏によれば、キスの値段は、“キスまでのデート平均回数×1回あたりの男性が女性におごった平均額”に基づいて算出できるとのこと。そして、平均的なキスまでのデート回数は3回。初回で食事、2回目で手をつなぎ、3回目でキス。これが典型的な流れなんだそう。

 <男女の接触が行われた時に、それなりの額のお金が初めて動くのは、恐らく初回の食事の時が最も多いです。>

つまり、“キスの値段”の算出に必要となるのが、男性が女性におごった“食事代”ということになります。

 

■2人あわせて4~5万円

調査によれば、日本人女性が適正と考えている食事代の平均額は約7,000円とのこと。とすると、キスまでの平均回数と適正おごり額を掛け合わせると、7,000円×3回=21,000円。男性が女性におごっていることを前提としているので、2人あわせて42,000円。これが日本人における“キスの平均的な値段”ということになります。

<平均的な社会人の男性が、女性に3万5000円(2人で7万円)以上おごってキスでいない、あるいはキス以前の行為に拒否されるのであれば、自分の何かが間違っていると反省して対応した方がよさそうです。>

女性の皆さん、納得感はありますか? この値段はあくまで経済的資源の側面だけから考えられたものですが、ひとつの指標になるかもしれませんね。

 

以上、日本人の平均的なキスの値段についてお届けしましたが、いかがでしたか? 「キスはいつだってプライスレスよ!」と言い張りたいところですが、果たしてあなたのキスは暴落していないと言えるでしょうか?

12月はパーティーシーズンゆえに、男女の接触も多い時期。自分のキスの価値を下げないよう、濫用乱発にはくれぐれもご注意を!

 

【関連記事】

キスの瞬間は顔が右に傾く!? 「キスに関する意外なトリビア」3つ

これでマンネリも解消?試してみたいキスの方法10個

見逃してない?男性がキスしたがっているサイン7つ

今すぐ使える!キス上手になるためのテクニック10個

男が思わずキュンとくる「キスの上手なねだり方」7個

 

【参考】

森川友義(2010)『結婚は4人目以降で決めよ』(毎日新聞社)

 

 【画像】

by MH photography | 092 46 00798 

 

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング