えっこれダメなの!? 「カレの怒りをあおる危険ワード」3つ

Menjoy / 2013年12月25日 10時0分

2013年も残すところあと少し。彼や旦那様とゆっくり過ごせる冬休みがやってきますね。ところが、「彼が家事を手伝ってくれないのでイライラする」「彼の実家にいくといつも気まずい」「セールに誘ったらイヤな顔をされた」などと、「長時間一緒にいると、ケンカになりがち」というカップルはいませんか?

せっかくの冬休み、彼と楽しく過ごしたいもの。そこで今回は、gooランキング『夫がキレる妻の一言ランキング』をもとに、もしケンカになっても、絶対に“男性に向かって言ってはいけない言葉”3つをご紹介します。 

 

■ホントに使えないんだから

大掃除中に注意したいのがコチラ。自宅よりも会社で多くの時間を過ごす旦那様からすると、家のなかはテリトリー外のことも。家事に慣れていなくても、あなたを手伝おうとしているなかで、こんなセリフを吐かれたら……、二度と手伝ってくれることはないでしょう。うまくいかなくても、必ず感謝の気持ちをあらわしましょう。

 

■あなたの親って非常識ね

お正月は親戚に会う、という人も多いですよね。そこで嫁×姑の静かな戦いがあろうとも、親批判はNGです。そもそも、男性は女性が気にするほど、細かい言動を気にしていません。お姑さんから「お土産にケチをつけられた」「『子どもはまだ?』と探りをいれられた」なんてことになっても、彼にグチをこぼすのは避けた方が賢明でしょう。

 

■別の人と結婚すればよかった

もし、女性が「ちょっとカッとなって言ってしまった」という意識であっても、男性は「この女は俺と別れたいと思っている」と捉えます。そこで、彼に「じゃあ別れよう」なんて別れを切り出されてしまったら……。言葉があなたの人生を壊してしまう、なんて事態にもなりかねません。その言葉を発するのであれば、別れる覚悟ができたときだけにしましょう。

 

男性と女性では、考え方、とらえ方、地雷ワードも違うもの。ときには、何気なく発した発言で「彼がなぜ不機嫌になるのかわからない」「彼との仲がぎくしゃくしているけど、何がいけなかったの?」などと悩んでしまうこともあるはず。「なかなか気軽に相談できる相手がいない」なんて人も多いかもしれませんね。

そんなとき、スマートフォンアプリ『Doctors Me』(月額315円)で相談してみるのもアリかもしれません。『Doctors Me』は、約80人もの心理カウンセラーや医師が登録しているサービスで、アプリを通して直接医師に様々な悩みを気軽に相談できます。気になる料金は月額315円の相談し放題で平均30分ほどで100%回答がもらえるそう。

男性には相談できない「こころの悩み」や「性の悩み」を匿名で相談できます。ぜひ利用してみてくださいね。

以上、いかがでしたでしょうか。まず、ケンカになっても、彼が傷つくようなキーワードは避けること。どうしても対応に困ったら、専門家に相談するのもアリですよ!

 

【参考】

Doctors Me(ドクターズミー)

※ 夫がキレる妻の一言ランキング – goo ランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング