あなたの身近にも?「殺し屋」認定されるヤバイ男の特徴10個【前編】

Menjoy / 2014年2月27日 18時0分

“危険な香りのする男”につい心惹かれてしまう女性は少なくありませんが、危険度ナンバーワンの男性といえば、ズバリ“殺し屋”ではないでしょうか!?

このたび、英国のバーミンガム・シティ大学犯罪学研究所の調査により、殺し屋の驚くべき実態が明らかになりました。殺し屋が関わった事件では、借金など金銭問題の解決のために、意外なほど普通の人物が契約殺人を請け負っていたケースも多く、なかには報酬がわずか200ポンド(約34,000円)というものもあったのだとか。

こんな調査結果があると、フィクションの存在かと思われた殺し屋が、実は自分の身近なところに潜んでいるのかも……なんて不安になりますよね。

そこで、漫画ライターの火野まどかさんから、「さてはおぬし殺し屋か!?」と疑いたくなる男性の特徴10個を教えていただきました。2回にわたってお届けしたいと思います。

 

■1:いつも黒い服ばかり着ている

「ベタですが、これは定番です。ちなみに黒い服だと夜、逆に目立ちます。そのため忍者は、紺色か柿色の服を着ていたそうです」

黒い服といえば、『MEN’S KNUCKLE』男子もちょっと危険な香りがする!?

 

■2:どんなときでも黒い手袋を絶対に外さない

「もちろん、何か事情がある場合は別です。ちなみに“ジョジョの奇妙な冒険”に出てくる殺し屋・メローネは黒い手袋をしていました」

今の時期ならともかく、夏場もそうだと怪しさ倍増!

 

■3:どんなときでも足音を消して歩く

「これも定番ですね。会社などで、足音なく近寄られていきなり声をかけられると、思いのほかビックリすることも……」

 

■4:近くにいるのに全く気配を感じない

「足音を消して歩く人もビックリですが、“黒子のバスケ”の主人公みたいに、いつの間にかそばにいて“お前、いたのかよ!”ってなる人は陰でそういう訓練してるのかと思ってしまいます」

ちなみに、自衛官だと本当に気配を消せる人もいるそうです。殺し屋と勘違いしないように注意しましょう(「“あ~絶対この人は自衛官だわ”ってなる男性の特徴13個」)。

 

■5:生活感を感じないくらい部屋が殺風景

「几帳面なのか、趣味がないだけなのか、ここが隠れ家だからなのか……。彼氏の部屋があまりにも殺風景だと一抹の不安を覚えます」

 

あなたの身近な男性で当てはまるものはありませんか? もしもあなたの彼氏がいつも黒っぽいコーディネートで、かつ存在感の薄い男性だとしたら、彼の部屋を要チェックです。それでもしも部屋が不自然なまでに殺風景だとしたら……!? ちょっと背中がゾクゾクしてきましたね。

次回は引き続き殺し屋っぽい男性の特徴、残り5個をお届けしたいと思います!

 

【関連記事】

元・組員に聞いた!「こいつヤクザだな」って男の特徴9つ

深入りするのは超危険!? 嘘をつくのが上手い職業8個

妙に手慣れてたらアヤシイ!元「水商売な男子」にありがちな特徴5つ

本気になっちゃダメ!浮気のリスクが高い職業ワースト9

今が狙い目!? 未来の「宇宙飛行士」を見極めるポイント3つ

 

【取材協力】

※ 火野まどか・・・漫画ライター。色んな事例や漫画などを水平に切って面白いものを見出す、『面白水平プロジェクト』のメンバーの一人。

 

【画像協力】

上田城・・・ウミガメとサスペンス好きのフリーイラストレーター。シンプルな絵柄にギャグを取り込むのが得意。お問い合わせは、個人サイト『BAR SEA-TURTLE』からどうぞ!

 

【参考】

Shadowy World of Britain’s Discount Hitmen Revealed in New Study – Wiley

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング