絶対に言っちゃダメ!育児中に「夫に浮気されかねないNG発言」3つ

Menjoy / 2014年3月5日 18時0分

「子育てには24時間365日休みがない」とはよく言うもの。とくに、子どもが小さいうちは目が離せず、気持ちに余裕がなくなるあまり、「つい夫に冷たい言葉を放ってしまう」「きつく当たってしまう」という女性もいるのではないでしょうか。

でも、妻がそんな心ない言葉を発していては、夫の心は離れていくばかり。ついには浮気に走られてしまう危険性も……!

そこで今回は『gooランキング』の「子育て中にガックリきた妻の言動ランキング」をもとに、育児中に夫に言ってはいけない恐怖の“NG発言”上位3つをご紹介します。

 

■3位:久々に飲んで帰ってきたら「あなたは飲みに行けていいわね」

旦那さんにも付き合いがありますし、仕事の息抜きも必要です。育児でストレスがたまっていたとしても、相手の心をチクリと刺す嫌味を言うような、心の狭い女にはなりたくないもの。そんな嫌味を言い続けていたら、さすがの旦那さんも“優しい言葉をかけてくれる外の女”に走りたくなってしまうのではないでしょうか。

 

■2位:いつもより早く家に帰ったら「もう帰ってきたの?」

結婚する前の甘い空気はどこへやら。妻としては夫が家にいると、いつも通りに家事を回せなくなり「余計な手間がかかる」と考えてしまうのかもしれません。けれど、旦那さんはその心ない発言に、家に居場所がないような肩身の狭い思いをしてしまうかも。その疎外感と寂しさに、家に帰ってこなくなってしまったら……?

 

■1位:週末疲れて休んでいたら「週末くらい子どもの面倒を見てよ」

妻の「育児を休みたい」という気持ちと、夫の「仕事疲れを癒したい」という思いが交差する週末。疲れているのはお互い様です。「私は毎日子どもの面倒見ているのだから!」とすべてを旦那さんに押しつけるのではなく、家事分担や手伝いを提案する形にしてはどうでしょう。言い方1つで相手の受け取り方や反応もだいぶ変わりますよ。

 

育児中は疲れやストレスがたまることもあるでしょう。けれど、角のある言い方や、一方的な不満の押しつけは、旦那さんの気持ちを萎えさせるだけです。

大変な時だからこそ夫婦間の協力が大切になるもの。夫婦としての愛情を失わないためにも、お互い“優しさ”と“相手を思いやる気持ち”だけは失わないでおきたいですね。

 

【関連記事】

結婚前に知っておきたい「結婚したら恋人時代とは変わってしまうこと」5つ

全国の既婚男性は知るべき!専業主婦が思う「しんどい現実」3つ

あなたのせいかも!? 彼に浮気をさせないためのコツ

男が「うぁー浮気してー!」と衝動的に感じてしまう3つのキッカケとは

子育て中の女性が「働くストレス」は男性より強いと判明

 

【参考】

子育て中にガックリきた妻の言動ランキング – gooランキング

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング