あなたの身近にも?「殺し屋」認定されるヤバイ男の特徴10個【後編】

Menjoy / 2014年2月27日 19時0分

“殺し屋”といえば、漫画や映画などフィクションの存在のように思われがちですが、実在するということをご存じでしょうか?

もしかすると、普段は一般人と溶け込んだ生活を送りつつ、実は闇稼業に手を染めている男があなたの身近にもひそんでいるのかもしれません。

そこで、前回の記事では、漫画ライターの火野まどかさんからのお話をもとに、「さてはおぬし殺し屋か!?」と疑いたくなる男性の特徴10個のうち、まずは5個をお届けしました。引き続き残り5個の特徴をチェックしていきましょう!

 

■6:ナイフを手に取るとまず刃を舐める

「三谷幸喜の映画でこんなことする人が出てきましたが、基本的にはフィクションだけです。唾液で錆びやすくなります」

“ナイフを味見”なんて中二病まるだしの仕草を彼氏がしたら、別の意味でゾクゾクしちゃいそうですね。

 

■7:どんなときでも筋トレを欠かさずにする

「旅行に行ったときも筋トレ。友達が泊まりに来たときも筋トレ。どんなところでも関係なく、ハアハアゼエゼエな男も怪しいですね」

百獣の王を目指すあの男も実は殺し屋だった!?

 

■8:服の下には戦闘系の傷がいっぱいある

「傷だらけ。しかも明らかに戦ってできた系のものばかり。“何で?”と聞くと、“いや、ちょっと……”。と口ごもる。ここまでくると、“一体、何があったのか? これってやっぱり……”となりますよね」

ちなみに、不審な傷が多く、かつその事情を明かさない男性は“ヤクザ”という可能性もあるようです。(「元・組員に聞いた!“こいつヤクザだな”って男の特徴9つ【1/3】」)

 

■9:「この世には絶望しかない」と言う

「社会の何を知っているのか? とにかく絶望。すぐに絶望。ただ、こんなこと言う人ほど、狭い世界しか知らない人が多い気も……」

殺し屋かどうかはともかく、かなり面倒くさい人であることにはたしかですね。

 

■10:「悲しい宿命」などの言葉にすぐ共感する

「“HUNTER×HUNTER”みたいに殺し屋一家なのでしょうか? 暗い過去があるみたいなことをほのめかしたり、宿命・因果・呪縛などにピクピクしたり……。単に、自分に酔っているだけかもしれませんが」

 

あなたの身近な男性で当てはまるものはありませんか? こんな男性は、「もしかして殺し屋?」と勘違いされてしまいますよね。もしくは、漫画キャラに影響された痛い男性と思われます。現実の世界では、気をつけましょう。

 

【関連記事】

「あ~絶対この人は自衛官だわ」ってなる男性の特徴13個

「もしかしてこの人は探偵!?」ってなる男性の特徴8つ

思わず「こりゃヤバイ」ってなっちゃうハードな職業まとめ

こんな男には要注意!危ない「プロ詐欺師」の特徴7つ

こんなハズじゃなかった!「容姿が劣化しやすいオトコの職業」5つ

 

【取材協力】

※ 火野まどか・・・漫画ライター。色んな事例や漫画などを水平に切って面白いものを見出す、『面白水平プロジェクト』のメンバーの一人。

 

【画像協力】

上田城・・・ウミガメとサスペンス好きのフリーイラストレーター。シンプルな絵柄にギャグを取り込むのが得意。お問い合わせは、個人サイト『BAR SEA-TURTLE』からどうぞ!

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング