女性の8割以上が悩んでる!「春先の●●」をサボれない理由

Menjoy / 2014年3月18日 17時50分

3月にはいり、寒さもやわらいできましたね。春も目の前ということで、気になるのが春先のファッション。

ここは我慢して、オシャレを優先すべきか。それとも、「まだ寒いものは寒い!」とちゃんと防寒をすべきか。この決断は、女性としては悩みますよね。

今回は、春先の冷えと最近話題の温活について、『Menjoy!』の過去記事を参考に考えてみたいと思います。

 

■春先も冷え性で悩んでいる人が8割以上!

日清食品が、ベネッセコーポレーション運営の『ウィメンズパーク』の20~50代女性会員805名を対象に、女性たちの冷えに関する意識・実態について調査を行いました。

それによれば、「“冬”に体の冷えを感じることがありますか?」という質問に対して、97パーセントがあると回答しました。また、「“春先” に体の冷えを感じることがありますか?」という質問に対しても、85パーセントがあると回答しています。

冬はもちろんのこと、春先でも多くの女性が体の冷えを感じていますね。なお、「自分を冷え性だと思いますか?」という質問に対しては、82パーセントが「そう思う」と考えています。

冬を乗り越えたと思っても、油断できない春先。だからこその温活です! そこで、過去の『Menjoy!』記事から温活をすべき理由をご紹介します。

 

■冷えは乾燥を招き、シミのリスクも……!

この季節の対策が鍵!“透明感”あるオンナになるには●●が重要と判明

冷え切った肌は、血行不良からコラーゲン代謝も落ち、乾燥によってメラニン代謝が乱れがちに。結果的に、肌色を老けさせるリスクがあり、乾燥による肌荒れはシミのリスクにまでつながります。

 

■冷え対策をしていないと恋愛でも損しちゃう!?

暑いからこそ冷やさない!夏恋を長持ちさせる“夏老け”予防法」

こちらの記事によれば、冷え対策をしっかりしている女性は、なにも対策をしていない女性に比べ、「5人以上の異性に告白されたことがある」という割合が高く、恋愛満足度も高いとのこと。う~ん、健康だけではなく恋愛でも温活は大事のようです。

 

■右胸の下を温めてイライラや睡眠不足からオサラバ!

“カラダのアソコをあたためるだけ”で彼氏に優しくなれることが判明!

では、いったいどこを温めればよいのでしょうか。それはズバリ、肝臓がある、右の脇腹です。場所は、右の胸の下あたり、ちょうど脇腹の上の部分。

体が温まり、全身の血行がよくなると、癒しホルモン・セロトニンの分泌が増加して熟睡効果が期待できます。質のいい睡眠は、お肌の調子なども整えてくれますよね。

 

春先だからオシャレがしたいと、薄着をして体を冷やしてしまうと美容や健康のためにはよくありません。

今回ご紹介した『Menjoy!』の過去記事を参考に、温め効果をUPさせて、オシャレを楽しみつつも冷え対策をお忘れなく。そうじゃないと、あなたの美しさも半減してしまいますよ。

 

【関連記事】

※ 男がどうしても聞けない「未だに知らない彼女のアレ」8つ

※ 超敏感!若い男性は「目に見えない汚れ」を気にすることが判明

 

【参考】

※ 冷えに関する意識・実態 - 日清食品

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング