目を背けないで!男も女も「結婚する前に知っておくべき」4つのリアル

Menjoy / 2014年3月20日 8時0分

あなたは結婚生活には憧れますか? 結婚前から現実を見すぎて踏み切れない人もいますし、幸せな結婚を夢見て、それに見合った相手探しをされている人もいます。

“結婚”とは女性の人生において、結局、何を意味するのでしょうか? その実態に迫るために、海外女性向け情報サイト『all women stalk』の記事を参考に、女性視点で考察していきます。

現実感たっぷりの内容もありますので、「知りたくなかった!」と思わせてしまうかもしれません。しかし、婚姻届を出してからでは、知るには遅すぎます。目を背けないでくださいね!

 

■1:夫の家族も自分の家族に

結婚すれば夫の家族も自分の家族になります。当たり前のことですが、結婚前には見逃しがちです。結婚してから夫の家族について、思わぬことを知ってビックリ!な例もよくあるようです。

“結婚する=相手の家族も受け入れる”ことなので、夫を愛するのと同じ愛情でもって、夫の家族に対しても、大きな許容範囲で接する必要があります。また、“家族”という枠組みにおいては、夫にとって妻という存在でも、他の家族と同列に考えるべき状況があることを理解してあげましょう。

 

■2:子どもが全てを変える

結婚して子どもができると全てが変わります。“妻と夫”から“母親と父親”という役割への変化は大きなものです。

子どもができれば責任も増え、お金もかかるようになります。二人で充分なコミュニケーションをとって、チームとして役割を果たしていかなければなりません。これができるかどうかで、結婚生活が吉と出るか凶と出るかの分かれ目になるでしょう。

 

■3:努力なくして結婚に成功はありえない

長い間、毎日一緒にいると、空気のような存在になり、お互いに対して努力をしなくなります。しかし、これではうまくいきません。

受験や何かの資格を取るときは、一生懸命勉強して努力します。育ちも性格も違う男女が一緒に暮らして家庭を築くとは、それと同じぐらい、いやそれ以上の“日々の努力”が必要だと思ってください。

 

■4:パートナーは自分の鏡

夫に対して文句があると相手のことばかり責めてしまいがちですが、夫の言動はあなたの言動を反映していることがほとんどです。“パートナーは自分の鏡”という言葉通り、良くも悪くも配偶者はお互いに影響を与え合っています。

もし夫から感謝の言葉がほしいなら、あなたから夫へ感謝の言葉を伝えるなど、まずは自分から行動を起こしてみてください。“相手を変えたければ自分を変えること”が一番手っ取り早いのです。

 

「とにかく結婚したい!」とやたらに焦っている人は、一度立ち止まり、冷静に考えてみましょう。あなたが結婚に抱いている甘い考えが男性に見透かされて、婚期を逃しているのかもしれませんよ。

 

【関連記事】

「運命の人と出会う」まで一体どれぐらいかかるの?衝撃の結果が…

「生まれ変わっても同じ相手と結婚したい?」突極の質問の答えは…

「頼むから俺と結婚してくれ!」と男が群がる女の特徴11個

愛があればいいなんて嘘!夫がガチで望んでる「理想の妻の条件」3つ

そうだったんだ奥深い…未婚男子が「結婚しない」選択をする理由

 

【参考】

8 Things No One Tells You About Marriage – all women stalk

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング