史上最高の占い師登場?「あなたの性格が丸見え」な科学的根拠

Menjoy / 2014年3月19日 12時0分

占いって、気になりますよね。特に、好きなひとができたときは、少しでも相手の気持ちを知りたかったり、告白の時期を思い描いたり、何にでも頼りたくなるものです。あなたも、彼との仲はどうなんだろうと気になって、占いに行った経験はありませんか?

もちろん、恋愛だけに限らず、仕事や友情など、様々なことについて悩んでいるときは特に、雑誌の占いコーナーがすごく気になったり、実際に占い師さんに見てもらったりするかもしれません。

そんなとき、いい結果だと安心しますが、悪い結果だと余計に落ち込んでしまったりします。ですが、気にすることはないんです。恋愛に限らず占いは信じなくてもいいという研究をしているひとがいます。

アメリカの心理学者バートラム・フォア氏の研究をご紹介しましょう。

 

■最高の“占い師”登場?

いきなりですが、まずは次の文章を読んでみてください。あなたの性格を占ってみました。

「あなたは他人から好かれたい、ほめられたいと思っています。また、あなたは弱点や苦手があっても、それを克服することができます。

見た目には礼儀正しく自制的ですが、内心ではくよくよしたり不安になったりする傾向があります。あなたはある程度の変化を好み、制約や限界に直面したときには不満を抱きます。

あなたは独自の考えを持っていることを誇りに思い、十分な根拠もない他人の意見を聞き入れることはありません。しかし、あなたは他人に自分のことをさらけ出しすぎるのも賢明でないことにも気づいています。

あなたは外向的・社交的で愛想がよいときもありますが、その一方で内向的で用心深く遠慮がちなときもあります」

いかがですか。あたっていたでしょうか。

じつはこれ、バートラム・フォア氏が研究で使用した文章の一部を要約したものなんです。

研究では、学生たちに性格検査と偽ってアンケートを受けさせました。その1週間後、ひとりひとりに診断結果を渡したのですが、その結果というのが上記の文章だったんです。

学生全員に同じ文章の診断結果を渡し、その診断結果がどの程度あたっているかを調査をしました。すると、学生たちは5点満点で平均4.26という高い評価であたっていると回答したんです。

つまり、占いや性格診断というものは、誰が納得できるような要素を複数ちりばめれば、どこかはあたっていると思えるようにできているんです。

ひとは、あたっていないところには注目せず、あたっているところだけ気になってしまうために、その占いがあたっているように感じてしまうだけなんです。

 

心理学的にはバートラム・フォア氏の名前をとっててフォアラー効果とよばれるものですが、占いを信じなくてもいいという科学的な根拠のひとつになっています。

占いを信じるか信じないかは自由です。ですが、あなたの気持ちと彼だけは信じてもいいと思いますよ。

 

【関連記事】

※ 恋する女子は絶対行くべき!「京都の強力パワースポット」ベスト5

※ あの世界遺産もご利益あり!おすすめパワースポット5選

※ よし、腐れ縁はこの年末で大掃除しよ! 絶対切れる!?「縁切寺」7撰

※ 南国パワーで恋愛成就!タイの御利益「神様パワースポット」5つ

※ こんな理由があった!カレと行くと「別れてしまうかもしれない」国内スポット4つ

 

【参考】

The Fallacy of Personal Validation: A Classroom Demonstration of Gullibility – Bertram R. Forer

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング