オトコってムゴすぎる!トラウマになる超最低な「別れ方」大検証

Menjoy / 2014年4月16日 20時0分

出会いの数だけ別れがある……心トキメク恋の物語が数多くある一方で、同じ分だけ“最低”、“最悪”といわれる別れが多く語りつがれています。

中でも、別れの理由として定番なのが浮気。Decologの調査によると、浮気相手のパターンには“元カノと”というケースが非常に多いようです。ふとしたきっかけで再会することで、再び情熱が燃え上がるというのが定説なのか……これは男女のどちらにもいえることかもしれませんね。

そこで今日は、そんな数ある恋の物語の中、トラウマになってしまいそうな“別れ方”を3つご紹介! より具体的な声を参考に、超最低なお別れエピソード・衝撃の一言をまとめてみました。

 

■「飽きたからバイバイ」

いや、逆にこれはすがすがしい部類に入るのか!?とも思えるこの一言。あなたなら許せますか?

いくらそれが本音であるとはいえ、一度愛した女性を相手に“飽きた”はないでしょう。いわれたほうはこれまでの関係を全部否定されたような心地になるので、まさにトラウマになる可能性大! 「いずれ飽きられるなら、本気になった方が負け!?」となってしまうかも……?

 

■「お前の評判悪いから、別れよう」

「あなたの意見はどうなの?」と思わず聞き返したくなってしまうこのセリフ。そもそも、相手のコミュニティで評判が悪いということは、彼自身が彼女についてマイナスポイントを広めているなんてこともあるのでは……?

一度付き合うと決めたなら、それは自分の意思! 他人のせいにするのではなく、別れも自身の意思でしっかりと相手と向き合っていただきたいものです。

 

■その他、本当に衝撃のエピソードも多数

衝撃の別れは三者三様、本当に色々なエピソードがあるようです。「実は彼が1ヶ月前に結婚していた(もちろんダダカブリ)」なんていう後に引きずりそうな恋はもちろん、「家に帰ったら、彼が知らない女と寝ていた」という定番の浮気話も。

これは男女問わずいえることですが、浮気するからには徹底した計画を練って、相手を傷つけることなく関係を終えていただきたいですよね!

 

いかがでしたか? 一度失恋すると、なかなか次の恋へと進むチャンスがつかめない人も多いよう。これだけ皆傷ついているのですから、悩んでいてはもったいない! 「次こそ」という気持ちで、積極的に前を向くことをおすすめいたします。

 

【関連記事】

取扱い注意!会って3分でわかる「浮気」の見抜き方3つ

※ 先手必勝だ!恋人と「別れたくない」女性が今すべき3つのこと

※ 秘密だからこそ燃え上がる!誰にも言えない「禁断の恋愛」事例4選

※ あてはまったら要注意?「すぐ離婚できちゃう女性」の特徴4つ

※ 男性の心を手玉にとれる!タイプ別あなたにピッタリな「夜のお仕事」4つ

 

【参考】

Decolog PAPER(2014年5月号) – ミツバチワークス

Decolog発信のおしゃべり女子向けニュースサイト「@GIRL TIMES」

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング