意外な結果に!「飲み過ぎ認定」されるのは●杯目と判明

Menjoy / 2014年5月2日 21時22分

アルコールなしの生活って、考えられますか?

美味しいご飯に、美味しいお酒……。至福の時間ですよね。合コンや女子会、緊張しがちな初デートやストレス発散に。ついついお酒を飲んでしまう人も多いのではないでしょうか。

でも、飲み過ぎるとイタ〜い結果が待っているかもしれません。今回は、アメリカ疾病管理予防センターのデータを参考に、女性にとって“飲み過ぎ”になってしまう量について紹介していきます。

女性にとっての適量は、男性とは違いますので、お気をつけください。

 

多くの女性はアルコール過剰摂取

アメリカ疾病管理予防センターの調査の結果、18歳から34歳の女性の、8人に1人がアルコールの過剰摂取をしていることがわかりました。男性も同様の数値でしたが、安心してはいけません。

女性が注意しなくてはならない点は、女性の体と男性の体では、アルコールの吸収の仕方や反応に違いがあるということです。

女性は男性よりも少ない酒量で酔ってしまいます。デートや合コン等で男性とお酒を飲む際は、お水を飲みながら自分のペースを守る必要があります。

では、女性にとってどのくらいの酒量から“飲み過ぎ”なのでしょうか?

 

■4杯以上飲むのは“大酒飲み”

女性であるのなら、4杯以上グラスを空けることは“大酒飲み”の範疇だと定義されています。これは比較的アルコールに強い白人やヒスパニック系が多いアメリカでのデータですので、日本人女性ではもっと少ない酒量で飲み過ぎになるかもしれません。

アルコールの過剰摂取は、酩酊状態を招きます。自分ではしっかりしているつもりでも、正常な判断はできていないのです。飲んだ勢いで思わずエッチをしてしまい、望まない妊娠や厄介な性病を招くこともあります。気をつけるにこしたことはありません。

 

いかがでしたか?  ついつい宴の席で盛り上がって飲んでしまうことはよくあることなのですが、女性の体は大変デリケートなのです。男性から「ぐい、ぐい、ぐいぐい〜ッ」なんてコールをかけられても、適当に誤魔化しながら自分のペースを守りましょう。

 

【関連記事】 

※ 彼のためにツヤ肌キープを!「断酒が睡眠の質を高める」と調査で判明

※ 夫婦どちらかが「大酒飲み」だと離婚率が激増することが調査で判明

※ カレとの大事なデートで「ワインを飲み過ぎない」ためのポイント3つ

※ 恋の酔いも醒める!飲み会で絶対にやっちゃダメなNG行為5つ

※ もう泣きたくない!男に敬遠される「酒癖の悪さ」を治す方法4ステップ

 

【参考】

※ Binge Drinking A Serious, Under-Recognized Problem Among Women and Girls – Centers for Disease Control and Prevention

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング