ムダ毛やニオイより危険!この時期ケアしないとドン引きな●●対策5つ

Menjoy / 2014年5月11日 21時0分

肌の露出が多くなるこの時期、ムダ毛処理を怠ると男性からドン引きされるシーンも多いですよね。ムダ毛処理の甘さは、モテを遠ざけるといっても過言ではありません。

ムダ毛だけではなく、暑くなる季節は汗もかきやすいので臭い対策も大切。そしてもうひとつ! 忘れてはいけないこと。それは頭皮の紫外線対策です。

『Menjoy!』の過去記事「なんと男は“ムダ毛甘い女より頭皮が汚い女を嫌う”と判明」でもご紹介しましたが、実は男性は女性の頭皮にかなり注目しています。紫外線でダメージを受けた頭皮からフケなどが出ていたら……。男性からのイメージダウンは確実です。

今回は、アンファーからだエイジングのニュースを参考に、気をつけたい頭皮の日焼け対策ポイントをご紹介します。

 

対策1:分け目を変える

同じ場所で髪を分けてはいませんか? それだと紫外線にさらされる場所が変わらないためダメージが大きくなってしまいます。毎日髪の分け目を少しずつ変えるなどの工夫をしましょう。

 

対策2:曇りの日も要注意

曇りの日でも紫外線は降り注いでいます。晴れていないからといって紫外線対策を怠らず、帽子をかぶったり、日傘をさしたりして、頭皮をガードしましょう。

 

対策3:UVカット効果のヘアスプレーを使う

アウトドアを楽しみたいときには、UVカット効果のあるヘアスプレーなどのアイテムを使いましょう。最近では髪にも使える日焼け止めスプレーも売っていますよ。

 

対策4:生理前はいちばん注意が必要

ホルモンバランスと紫外線は関係があります。生理前や妊娠中は黄体ホルモンが紫外線に反応しやすく、シミ・そばかすの原因になってしまうのです。生理前は特に紫外線ケアを念入りに行いましょう。

 

対策5:内側からのケア

紫外線を内側からケアするには、ビタミンCのほかに、ビタミンAやEも重要です。また傷んだ肌の再生のために肉や魚などからタンパク質も一緒にとりましょう。

 

以上5つの対策をご紹介しました。あなたは、頭皮の紫外線対策がきちんとできていましたか?

頭皮は高い位置にあるため、もっとも紫外線があたり、顔の3倍もの紫外線を浴びているそうです。これを放置すると頭皮トラブルから抜け毛が増えてしまったり、毛髪の調子に影響したりといいことはありません。ケアをする部位として日頃から意識してみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 紫外線はやっぱり…ヤバイ!男性が人体実験してくれた結果がコレ

これは盲点だった!「失敗しない」デート場所選びのポイント3つ

リバウンドあり?年下カレから若さを吸い取る「吸血女子」に注意

放置してたら恋愛対象外!「絶対ケアすべき場所のアソコ」4つ

 

【参考】

※ 頭皮が浴びる紫外線量は顔の3倍!! 今から気をつけたい5つの日焼け対策 – アンファーからだエイジング

 

【画像】

by Joshua Daniel O.

Menjoy! メンジョイ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング