なんで返信ないのッ!? 「男からメールがこない本当の理由」3つ

Menjoy / 2014年5月13日 12時0分

『Menjoy!』読者のみなさんは、彼からメールがこないと心配になりますか? 女同士だとスタンプや絵文字いっぱいのカラフルなメールのやりとりが普通なのに、男相手だと楽しいメールが続かないという人は多いのでは?  

今回は海外女性情報サイト『A New Mode』の記事を参考に、メールに関する“男のホンネ”をご紹介します。彼からメールが戻ってこなくて心配する前に、こちらをお読みください。

 

■1:面倒くさい!

相手と5回ほどやりとりするだけで気がつけば20分も。「なんか時間がもったいない……」と男は思ってしまうものです。「このメールを返したら、まだやりとりが続くのか」と思うと、とりあえず保留からのスルー状態になってしまうのだとか。

彼からメールがほしかったら、内容は短く簡潔にして自分から切り上げる、絵文字やスタンプでメールをうるさくしない、などの工夫をしてみましょう。そうすれば、彼もあなたにメールするのが億劫でなくなるかもしれません。

 

■2:もう手に入れたし!

出会って間もない頃は相手に好きになってもらうおうと、男はせっせとメールを送り、頻繁なやりとりも苦になりません。ところが相手の気持ちが自分に傾いてきたのがわかると、途端に安心し、男はメールを送らなくなるのです。

コレはもう男のDNAに組み込まれていると思って割り切ってください。対抗策としては、「あなたがまだ手に入っていない」と彼に思わせること! 彼からメールがきても即答しない、自分からはメールをしないでいると、彼を長く追っかけモードにしておけます。

 

■3:忙しい!

仕事が終わり、「やっと30分自分の時間だッ!」というときに、その30分間を女とダラダラと絵文字満載のメールのやりとりに使いたいという男は1人もいないでしょう。現実的に考えてください。男は忙しいのです!

もしどうしても忙しい彼にメールしたいのなら、返事を期待せずに送ってください。返事がこなくても彼はメールを読んでいます。「忙しいと思うけど無理しないでね」といったねぎらいの言葉をかけてみてはどうでしょうか。

 

「ちょっとメールしすぎちゃったかな」とわかっているのにまたメールがしたくなったら、かわりに女友達にメールしましょう。メールするなら一緒に楽しんでくれる相手とやりとりしたほうが楽しいはずです。

彼からのメールの数は愛情に比例しません。一緒にいる時間を楽しくすごせれば男はそれで満足なのですから。ガールズトークは男とはできません。それと同じことなのです。

 

【関連記事】

悲報!彼からのメールが多いのは「あなたに会うのが面倒」だからと判明

思わずキュン!男性の心をゆさぶる珠玉のラブメール文例3つ

ギャップで不安をかきたてる!彼の気持ちを惹きつけるモテメール術

「今度食事でも」の口約束を実現させるメール返信術

※ 心理学者が警告!LINEでは「愛は7パーセントしか伝わらない」と判明

 

【参考】

Why Did He Suddenly Stop Texiting Me? – A New Mode

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング