スペシャルケアも水の泡!「モテない人がやってる」美容習慣3つ

Menjoy / 2014年6月11日 12時0分

女子力が高い『Menjoy!』読者の皆さんは日頃からさまざまな美容法を取り入れているかと思います。しかしどんなスペシャルケアを取り入れていても、習慣化してしまっていることが悪影響を及ぼしていたら効果も何もありませんよね。

そこで今回はヘアメイクアーティストでもある美容師chihoさんに、効果てきめんケアも無駄になる、今すぐやめるべき美容習慣を教えていただきました。男性にモテる美人の秘密は、日々の積み重ねにあるようですよ。

 

■1:ドライヤー! ドライヤー! ドライヤー!

「夏になり暑くなると、ついお風呂上がりの髪を自然乾燥したり、半乾きのまま就寝してしまったりすることもあるはず。

しかし自然乾燥するとドライヤーより髪の毛を痛め、ゴワゴワしたドライヘアになりがちです。濡れている髪は傷つきやすく、摩擦に弱い状態なため、枕や寝具などに髪がこすれるとすぐにキューティクルがはがれてしまいます。

キューティクルに自己回復能力はなく、一度はがれると、髪の乾燥、枝毛、抜け毛に。自然乾燥での半乾き就寝は、頭皮や髪の根元が特に半乾き状態のため、蒸れて雑菌の繁殖によるニオイや皮膚炎の原因にもなります」

暑かろうが面倒くさかろうがドライヤーは必須、ということで。

 

■2:クレンジングは使い分けしないとシミの原因に!

「アイメイクを浮かせたクレンジングで、さらに肌のファンデーションをクレンジングすることは、汚れを顔に広げているのと同じです!

マスカラやアイメイクのラメなどを含んだ汚れをグルグルこすりながらのクレンジングは皮膚にダメージを与え、シミ、色素沈着の原因にも。

アイメイクは専用のクレンジングをコットンに含ませ、優しく丁寧に拭き取り、その後ファンデーションを落としましょう。

クレンジング剤を使い分ける事で、汚れも広げず、肌負担を最小限に、メイクを効果的に落とすことができます」

メイクがいくら薄くても、クレンジングは箇所ごとに行うのが正しい美容習慣とのことですよ。

 

■3:忘れちゃならないアソコのUV対策……

「日差しが強くなると力をいれるのがUV対策。ここで忘れちゃならないのが髪の毛。体の中で一番高い位置にあるため、実は一番、紫外線を浴びています。

カラーリングが退色したり、内部の髪の毛と比べて、表面の髪がガサガサしていたり、ツヤがなかったりするのはこのためです。

おすすめはUV効果のある洗い流さないヘアトリートメントやオイル。他にも帽子や日傘、髪をまとめることで紫外線を浴びる髪の表面積を少なくすると有効です」

 

どれも些細なことですが、毎日、毎月、何年も繰り返す習慣ほどダメにすることも良くすることも可能なこと。男性は「髪がキレイ」「肌がキレイ」というパーツだけでも、女性をキレイだと思うもの。

日々の小さな心掛けが未来のキレイに繋がっていることを意識して、今日から正しい美容習慣を身につけてみてはいかが?

 

【関連記事】

※ 親も学校も社会も教えてはくれない!習慣化すべき3つのモテ癖

※ 調査で判明!幸せを感じている夫婦に共通している「ある習慣」とは

いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

※ 虫が湧く前に!「片付けられない女」にオススメの習慣テク3つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

 

【取材協力】

chiho・・・ヘアアレンジと黒猫大好きヘアメイク。学校、企業等の講師活動、アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイク、ブライダルなどヘアメイクを通してHAPPYをお届け。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング