心理学で解説!デートの勝敗を決めるのは「やはりファッション」だった

Menjoy / 2014年6月17日 12時0分

今日は、大好きな彼とのデートです。あなたはいったいなにを着ていきますか?

きっとあなたは、いろいろなファッション誌や『Menjoy!』の記事を参考に、デートのときの服装を考えるのではないでしょうか。

デートが楽しみすぎて、寝るのが遅く、待ち合わせぎりぎりに起きてしまい、適当に服を選んでしまった。そんなひともいるかもしれません。

ですが、デートをはじめとする“勝負の日”には、慎重に服を選んでほしいのです。というのも、あなたが選んだファッションで、あなた自身を大きく変身させることができるから。

いったいどういうことか、その秘密を心理学的に解説します。

 

■ファッションは変身アイテム

ハートフォードシャー大学のカレン・パイン氏が、ある本を出版しました。その名も『Mind What You Wear: The Psychology of Fashion』。つまり、“着るものに気をつけて”と題された、衣服の心理に関する本です。そこでは、カレン・パイン氏の研究が紹介されています。

例えば、学生にスーパーマンのTシャツを着てもらったところ、自分に自信がわいてきたという学生が多いことがあきらかになりました。

いったいなぜ、スーパーマンのTシャツを着るだけで、自分に自信がでてきたのでしょうか。それは、“自己成就的予言”という心理学の理論で説明することができるのです。

 

■服のイメージ通りに行動してしまう!?

自己成就的予言とは、個人が意識的あるいは無意識的に、予言や期待にそうような結果を生じさせる行動をとってしまうために、予言や期待通りの結果が出現する現象のこと。

つまり、スーパーマンのTシャツを着たことで、映画のなかで活躍するスーパーマンのように、自分はヒーローなんだと意識的あるいは無意識的に思い込み、スーパーマンのように振る舞うことで、自分に自信がでたのです。

例えば、スカートをはくとより女性らしくなったり、デニムをはくとより活動的に行動したりしませんか。これは、動きやすさという問題以上に、その服がもっているイメージ通りにひとが行動してしまう結果なのです。

 

もしあなたが、デートのときに適当に服を選んでしまったら、自分に自信がもてず、そのデートが失敗に終わってしまうことになるかもしれません。

服は、おしゃれ以上に、あなたの心に大切なアイテムなのです。ここぞという勝負の日は、念入りに服を選んでくださいね。

 

【関連記事】

※ これで復縁が成功する!もう一度彼とやり直せる方法3つ

※ 無意識に選ぶ初デートの服装でわかる!脈アリ/脈ナシの深層心理

※ 痩せたのに「太った?」と彼に言われてしまう女性のNGファッション4つ

※ いくら美人でも!一瞬で男に嫌われる女性の見た目NG3つ

※ 20~40代未婚男性が考えている「自分の恋愛アピールポイント」5つ

 

【参考】

※ Karen Pine(2014)『Mind What You Wear: The Psychology of Fashion』(Amazon Digital Services, Inc.)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング