ヤキソバよりたこ焼き!? 夜店で食べると「カワイイ」お祭りフード3つ

Menjoy / 2014年8月7日 21時0分

この季節、デートの定番として“誘いやすい”と人気の夏祭り。

浴衣を着てお洒落に髪を結って……と女子的に気遣うポイントはたくさんあるかと思いますが、男性の皆さんは意外なところでも彼女にキュンキュンしてるようです。それは、彼女が夜店で食べる姿!

そこで今日は、そんな男性心理を徹底検証。夜店で食べると“カワイイ”とモテモテになっちゃう食べ物3つをご紹介していきますよ~。料理研究家のオガワチエコさんにコメントを頂戴して参りましたので、是非参考にしてみてくださいね!

 

■おすすめ1:たこ焼き

女性が食べ物を口に運び、「アツッ」ともだえる姿がたまらんというSっ気の強い男性……実は結構多いのでは?

「たこ焼きを買うときは“青のり抜きでいい?”とカレに聞いてみましょう。歯に青のりがつくのを気にしている、という女の子らしい一面がアピールできます。

このタイミングで“オレは青のり入りがいいんだよ!”なんて怒る男性はいませんのでご心配なく。“たこ抜き”以外は“いいよ、いいよ”とデレデレしてくれるでしょう」

また、お箸の持ち方ってなかなかすぐに直せるものじゃないので、苦手な人は気をつけて。その点、たこ焼きなら、ヤキソバなどと違って簡単に爪楊枝で食べさせっこできちゃうのも利点ですよね。

 

■おすすめ2:かき氷

熱さとは真逆ですが、キーンとその冷たさにこめかみを押さえる姿が“カワイイ”と人気なかき氷。今年は全国的にも流行していて、わざわざ遠方から美味しいかき氷を探して出かけるカップルもいるんだとか。

「こちらの“こめかみキーンテク”は20代前半までの方におすすめします。それ以上になると、知覚過敏や歯槽膿漏のイメージが先行してお年を召した印象を持たれてしまう恐れが。アラサー以上の方は、冷たさを感じさせないように、氷をガリガリとかみ砕いて見せる必要があります」

あまりショッキングな色のシロップを選ぶと、ベーッと舌を出した時にオドロオドロしくなってしまうケースもあるので、気をつけて選んでみて。おすすめはイチゴのピンクか、レモンの黄色辺りでしょうか。

 

■おすすめ3:わたあめ

そして最後が、浴衣に似合うふわふわな見た目! 食べ方に一瞬困る仕草が可愛すぎて、思わず抱きしめたくなってしまう……というわたあめをイチ押し。二人で逆方向から食べ合うなんてベタな展開もキュンとしてしまいそうですね~。

「意外に高いし、時間がたつと小さく固まるし、そもそもただのザラメだし、栄養とか全くないし、と大人になると魅力激減のわたあめだったりしますが、ここは“やーん! わたあめだいすきぃ~”とはしゃぐ必要があります。よく食べるカワイイ女の子を演じたいときも、お腹にたまらないので帯のキツさが苦になりません」

同じ飴でも、水飴系は手が極端にベタベタしてしまう可能性が高いので、デートには不向きかも。ウェットティッシュなどを持ち歩くと女子力も評価されるので、必需品といえそうです。

 

いかがでしたか?

「食べたい物を食べたい」そのお気持ちはよくわかります。しかしながら、あくまで適材適所。ガッツリ食べたい時は是非、女子会でお祭りに足を運んでみてくださいませ。

 

【関連記事】

※ やっぱ着とく?「男はどれだけ女の浴衣が好きか」がわかるまとめ

※ もうバレバレ!「あなたに気がある男性は声が違う」調査で判明

※ 注文の数だけコクられる!? モテる生ビールの飲み方4ステップ

※ 男子の視線を総ざらい!「モテるスイカ割りのやり方」4ステップ

※ 意外なアレで味付けを!一人暮らしの彼のお家で作れる即席レシピ

 

【取材協力】

※ オガワチエコ・・・料理研究家。雑誌やテレビ、書籍等のレシピ作りや調理、スタイリング、料理コラム等で活躍中。著書、『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』をセブン&アイ出版より出版。道具も調味料もない彼の家で、いかに間単に失敗なく美味しい料理を振舞うかに特化したレシピ本になっている。NHKラジオ『すっぴん!』火曜日のモテ料理コーナーにレギュラー出演中。Twitterは@ogawachieco

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング