よく考えたら当たり前!? 「元カレにメールは絶対NG」理由3つ

Menjoy / 2014年8月10日 19時0分

過去の恋愛を振り切るぐらい難しいことはありません。特に、大好きだった相手なら、その分カレを忘れることは至難の業でしょう。

“元カレがどうしているのか、新しい彼女ができたのでは!?”と、メールを出したい衝動をグッとこらえるのは辛いものです。

しかしその辛さに耐えないことには先へは進めません! なぜ、カレと破局後に連絡をしてはいけないのか、海外女性恋愛サイト『LovePanky』に掲載された記事を参考に、その理由を探っていきます。

 

■1:連絡しなければ元カレを忘れやすくなる

カレと別れたのに、ズルズルと体の関係を続けてセフレ状態になったり、メールのやり取りを続けていては、相手を忘れたくても忘れることが難しくなります。“去る者は日々に疎し”とのことわざ通り、最初は辛くても、カレの姿を見ることもなくメールも一切しなければ、段々とあなたの心におけるカレの存在が薄くなっていくはずです。

 

■2:気持ちが再燃しやすい

例えば、あなたがカレをフッた側だとしましょう。自分は未練がないつもりでも、深く心を通わせて体の関係があった相手とは、そう簡単に感情の切り替えができないものです。

最悪の場合、自分がフッた側なのにもかかわらず、元カレがデートを始めたり新しい彼女ができたという話を聞いたばかりに、ライバル心が湧き上がって気持ちが再燃してしまうことがあります。

自分が捨てた相手に振り回せれては本末転倒。なので自分がフッたにせよフラれたにせよ、元カレとは連絡を取らないほうが無難なのです。

 

■3:新しい恋ができなくなる

仮に恋人候補になりそうな相手が現れても、元カレの存在が色濃く自分の生活に残っていては、新しい恋になかなか踏み込めなくなってしまいます。

そして元カレからのお誘いと、まだ絆が浅い恋人候補とのデートを天秤にかけた時に、元カレを選ぶ可能性が高くなってしまうでしょう。そして二人をやたらと比較して、元カレに軍配が上がってしまっては、堂々巡りの悪循環を繰り返すだけ。断腸の思いでも、元カレの連絡先やメアドを消去して、次の恋へ進む努力をしましょう。

 

好きだった相手を、完全に自分の生活から排除してしまうのは容易ではありません。けれども、最初の2~3ヶ月を耐えてしまえば、次第に楽になってくるはずです。

元カレと結ばれる運命だったのなら、別れはしなかったはずです。その辺をよく考えて、ただの執着心で貴重な時間を無駄にしないようにしてくださいね!

 

【関連記事】

※ 復縁を待ってる場合じゃない!「つらい失恋から立ち直る方法」3つ

残念妻がやりがち!忠実に守ると破局する「結婚の掟」8個

※ もうバレバレ!「惚れた女にだけする」男のボディーランゲージ5つ

最後はやっぱりコレ!同棲や結婚で破局しない為のたった3つの条件

驚愕!破局しやすい「カップルの組み合わせ」が明らかに

 

【参考】

12 Reasons Why the No Contact Rule Always Works – LovePanky

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング