もうイライラ!「デートの詳細決めない男」頭ん中の本音5つ

Menjoy / 2014年9月4日 18時0分

デートの約束はしたのに、詳細の連絡がなかなかこないとイライラしませんか?

楽しみなデートほど、約束の日が近づくにつれ「どーすんのよ!」とひとりでキレてしまいそうになりますよね。ちゃんと決まっていれば、ずっと嬉しい気持ちでワクワクしていられるのに。

今回は、海外女性情報サイト『Your Tango』を参考に、デートの詳細が決まらないとき、男性が本当は何を考えているのかについてご紹介します。

 

■1:細かいことは気にしていない

そもそも男性は女性と気遣いの方向性が違いますから、マメにメールやLINEをする習慣がない人も多いです。また、そのざっくりさは、普段の生活にもあらわれているため、頭の中の予定表に「土曜・デート」と入ったら、“詳細”はあまり気にしていません。

このタイプの場合、当日に「じゃあ、今日どうしよっか?」と連絡してくることも。

 

■2:ウザい恋愛テク

恋愛に“焦らし”が有効であることをどこからか聞きつけ、テクニックとしてわざと連絡してこない場合もあります。ウザいことこの上ないですが、こちらを惚れさせたいと思っているので、脈アリであることは間違いないでしょう。

こちらも焦らして連絡しなければ、どちらかガマンできなくなったほうが連絡することになります。このやりとりを面倒くさいと感じるか、恋愛の醍醐味と感じるかは、人それぞれです。

 

■3:やっぱり断られるのがコワい

あなたが大喜びしているデートでも、実はカレのほうも超勇気を出して誘ったデートの場合があります。嬉しい気持ちに浸っていたく、下手に連絡して、「実は、ゴメンね。やっぱりダメになった……」など、あなたから断られるのがコワいのです。

このケースの場合、あなたにべた惚れなので、あなたから連絡すれば大喜びの返事がきます。

 

■4:他の予定が入った

後から他の予定が入ってしまい、「やべー、ことわんなきゃ。なんて言おうかな……めんどくせ。あとにしよ」と、エネルギーを必要とする“やっぱりダメになった”連絡を後回しにしているパターンです。最悪の場合、ドタキャンの可能性もあります。こちらから連絡せず放っておくのも、カレの人間性を知るにはいいかもしれません。

 

■5:忘れている

男性には女性からすると信じられない生態があります。自分から約束しておいて忘れるとは信じ難い話ですが、約束後に、他に大きな仕事や出来事があったりすると、すっかり忘れてしまうことがあるのです。

リマインドしてあげないと、悪気なくドタキャンされます。

 

いかがでしたか。ざっくり予定だけたてて、詳細を心配させるようなデートのアポイントは、女性からしてみたら、はっきりいって失礼な話。いずれのパターンにしてもデキる男とは言い難いので、気をつけたほうがいいかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ もうバレバレ!「オトコが本命女子だけにするキス」2パターン

※ 1時間に1回はやりたい!男が抱きしめたくなる「女のしぐさ」4つ

※ 彼を虜にしたい!? 「手段を選ばぬ小悪魔LINEテク」まとめ3つ

※ つい無意識に目が…男性が好きな女性にやりがちな本能的アクション2つ

※ 既読スルーじゃヌルい!? クールな男も悶える「焦らしテク」2つ

 

【姉妹サイト】

※ どれだけ知ってる?話題のアイス・バケツ・チャレンジのホントの話

※ これで撃退!同僚男性からの「ムカつくセクハラ発言」への上手な返し方

 

【参考】

※ Should Women Be Responsible For Confirming Their Dates With Men? – Your Tango

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング