未婚のプロが伝授!「結婚したい女子」が改めるべき3つの反省点

Menjoy / 2014年11月16日 18時0分

未婚のプロが伝授!「結婚したい女子」が改めるべき3つの反省点

年齢を重ねれば重ねる程、「結婚というステータスを得ないと不安で仕方ない」という女性が増えるのは悲しいかな現実です。

『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』の著者であり、作詞家・ラジオパーソナリティ・コラムニストとしてもマルチに活躍するジェーン・スーさんは、

「結婚や恋愛をしていないことがダメだ思っていること自体がダメ! 人それぞれ生き方があるので、“私はしていない”っていうだけいいじゃないですか」とズバリもっともなご指摘をぴしゃり。

では、「明日にでも結婚したい」と望む女性はいったいどうすれば良いのでしょう? 今日はそんな悩みをジェーンさんにぶつけて参りましたよ。

未婚のプロが伝授!「結婚したい女子」が改めるべき3つの反省点

 

■反省1:なぜ、理由もないのに「結婚したい」と叫ぶの?

耳の痛いこの質問。皆さん、この機会に一度じっくりと自問自答してみては……?

「そんなに焦って結婚しても、良い結果を生んだお話ってあまり聞きませんよね」とジェーンさん。「結婚してもしなくても楽しい……っていう結果、私はこうなってしまってますけども(笑)。ですが、理由もなく焦っても、結局良いことなんてないですよ~」と、まさに“その通り”としか言いようのないご意見を頂戴致しました。

ステータスのため以外に、あなたが結婚したい理由をしっかり考えていないようでは、相手は見つかりっこありませんよね!

 

■反省2:ついつい“ピッチャーな女”になってない?

また、しっかり目標を持って婚活している人の中に多いのがこのタイプ。

「男性が結婚相手に選ぶ女性のタイプとして、人の気持ちを上手く盛り上げて、相手に球を上手く投げさせる“キャッチャー型”が挙げられます。結婚が遠いと感じているそこのあなた。自分の気持ちばかりを剛速球でぶつける“ピッチャー型”についなってしまっていませんか?」

世間では野球のキャッチャーを女房役なんて呼びますよね! まさにそれくらいドンと構えた女性のほうが、結婚には向いているんじゃないでしょうか。

 

■反省3:不安要素が多い男性に対してケチをつけまくってない?

そして最後がこちら。

「私たちが若いときに本当によくなかったなと思うのが“一縷の不安の抱かせない相手を選ぼうとする”っていう点です」とジェーンさん。

「脳内でこっそり相手を採点してしまう女性って本当に多いので、結婚パートナーを見つけたい人にとってそれは足かせでしかないと思います。……まぁ、できていない私がいうのもなんなんですけどね(笑)」

さらには、「自分自身のことをしっかり理解して、パートナーに対し何を必要とするのかを一度じっくり考えたほうがいいと思いますよ。自分を安心させてくれるものが何なのか答えを出して、大きな1つの答え以外は目をつぶって相手を探す。それが一番良いんじゃないかなぁ……」と、とっても参考になるアドバイスをくださいました。

 

いかがでしたか?

ジェーンさんの著書『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』は11月4日(火)よりCS放送『女性チャンネル♪LaLa TV』にて実写ドラマ化もされています。

「本を読んでくださった方でも、たぶん全然思いも寄らないストーリーが今回のドラマでは展開していると思いますので、合わせてお楽しみください!」ということなので、是非合わせてチェックしてみては……?

 

【関連記事】

※ そそられる?彼氏がいるのに「なぜかコクられる女性の特徴」4つ

※ 正直…全員にモテたい!オトコが「あなたのファンになる」方法3つ

※ 女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

※ 既読ムシよりツラい!LINEで「未読スルーさせない」裏ワザ4つ

※ 夜も眠れない!? 今晩カレに「アナタのことを妄想させる」方法4つ

 

【姉妹サイト】

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ グイグイ迫りすぎて失恋「加減しらず女子」が50.4%もいると判明

 

【参考】

※ 『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』 – 女性チャンネル♪LaLa TV

※ ジェーン・スー(2013)『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ポプラ社)

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング