超簡単だった!オトコと会話「最初にアレを言っとくと成立する」

Menjoy / 2014年11月26日 21時30分

超簡単だった!オトコと会話「最初にアレを言っとくと成立する」

付き合う前や付き合いはじめの頃は、どんなに時間があっても足りないと思うくらい会話が盛り上がっていたのに、最近の彼はあんまり話も聞いてくれなくなった……と感じている人はいませんか?  せっかく会話を盛り上げようとしているのに、適当に相槌打たれたり、面倒くさそうにされるのはなぜ? 

INLIFEが、18歳~50歳の男性134名に「女性との会話で面倒なこと」について調査をおこないました。その調査結果をもとに、今すぐ彼との会話が楽しくなる方法をご紹介します。

 

女性との会話で面倒なこと

調査結果トップ3は、次のようになりました。

第1位:話の本筋から外れる・話題がコロコロ変わる・・・22.3%

第2位:オチなし、ヤマなし・・・20.1%

第3位:結論ありきの質問・・・17.7%

第1位の意見としては、「1つ1つの内容量は少ないけれども、いろんな話題をどんどん話すのでついていけなくなる」(21才)や、「話題の中でさほど重要でない部分をだらだらと説明し始めるとうんざりする」(29才)など、多くの女性がやってしまっているであろう会話に対する厳しい意見が……。

 

■男女の決定的な違いが原因

男性は論理的な話が得意なので、まとまりのない無駄話を嫌う傾向が強いようです。逆に女性は1つの話題から次々と別の話に展開していくのが得意なので、それを聞いている男性は「この話はいったいどこに辿り着くのだろう」とイライラしてしまうこともあります。

落ち込むような出来事があったとき、彼にただ聞いてもらいたくて話しているのに、「もっと、こうすればよかったんじゃないか」と冷静に返され、気持ちをわかってもらえないことに対してつい不機嫌になることありませんか? 

こんなとき男性は、「せっかくアドバイスしているのに、なんで不機嫌になるんだろう。面倒くさいな」と感じてしまいます。

そのときの感情を共感してもらいたいだけの女性と、事実を知ったうえで問題解決しようとする男性、この違いが男女の会話を減らす大きな原因になっているのです。

 

■彼と楽しく会話するには

男性と会話をするとき、ビジネスでも重要な“5W1H”を意識して、いつ・誰が・何を・なぜ・どのようにの内容をハッキリさせて伝えることができれば、女性との会話に対するストレスは大幅に軽減されます。

でも、これが苦手な女性は結構います。そんな人は、とにかく何を共感して欲しいのかをはじめに伝えます。「今日悲しいことがあったの……」と、何を一番聞いてほしいのかがわかれば、男性側も合わせやすくなります。

悩みごとがあって彼の意見を聞きたいのか、ただ単に愚痴などを聞いてほしいだけなのかを先に伝えるのも効果的です。「ただの愚痴なんだけど……」と話しはじめれば、男性もただ共感して欲しいだけなんだとわかります。

 

いかがでしたか? 恋愛のはじまりは男性の気持ちも盛り上がっているので、何も意識しなくても会話が弾みますが、お付き合いが長くなるとそうはいきません! 最近彼との会話がうまくいっていないと感じる人は、少し意識してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

あなたの恋愛が毎回長続きしない意外な原因が明らかに

※ げっ毎日使ってた!「男が彼女にいわれて面倒な言葉」ワースト5

女とは違うから注意!「実はオトコに言っちゃダメ」NGワード4つ

悩まないで!「暗いし…特に優しくもない私」がモテる方法2つ

※ 男性が本当に心を許した相手にしか話さない6つのこと

 

【姉妹サイト】

※ 1秒で判定!みるみるバストが崩れる「巻き肩」招くNG習慣4つ

※ 知らなかった!赤っ恥女子続々「忘年会でやりがち」NGマナー8つ

※ 食べる女性ホルモン!チーズが「女子をキレイにする」納得理由

※ ココを見て!面接で「いい会社かどうかを判断できる」チェックポイント4つ

※ もう失敗しない!夫の禁煙を成功に導くちょっとしたサポート術4つ

 

【参考】

女性との会話で面倒なこと – INLIFE

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング