月に1回…シテます? 驚きと納得「離婚率の低い夫婦」4つの特徴

Menjoy / 2017年2月8日 17時10分

結婚したと思ったら数年もしないうちに離婚……。最近、結婚してもすぐに離婚してしまうカップルが増えていますよね。もちろんそのカップルの中に、自分たちも含まれている可能性は十分あります。でも、離婚する夫婦と離婚しない夫婦の差は一体どこに表れているのでしょうか?

1:結婚式を挙げる

すぐに離婚してしまう夫婦を調べてみたところ、圧倒的に結婚式や披露宴を行っていないことが判明しました。

なんと離婚した夫婦は、円満な夫婦の3倍も「ナシ婚」を選んでいることがアンケートからわかったのです。

確かに結婚式は膨大なお金や時間がかかりますし、面倒な点がいくつもあります。

しかし結婚式を挙げることで、お互いに新たな決意や責任感が生まれることを忘れてはいけません。この責任感が、のちに離婚の抑止力となるんですよ。

2:月に1回は外食をする

離婚しない夫婦になるためには、節約ばかりせずに月に1回程度は夫婦で外食するようにしましょう。

外食は気分転換にもなりますし、お互いに結婚前の初々しいカップル時期のような、新鮮な気持ちを取り戻すいい機会にもなります。

特に結婚記念日などに二人でオシャレをして出かけるようにすると、お互いの魅力を再確認して絆を深めることができますよ。

3:一緒に食事をする

離婚しない夫婦になるためには、1日に1食は食卓を共に囲んで食事をすることが大切です。

食事は体と心のバロメーターでもあります。一緒に食事をすることで、相手の変化にも気付きやすくなります。

また、心理学的にも、人間は食事中に心を開きやすいもの。なので食事の時間は会話も弾みやすいため、夫婦のコミュニケーションも自然と増えますよ。

4:家事を手伝わさせる

新婚当初から夫に家事を手伝わさせることも、離婚しない夫婦になるためには重要です。

最初から「家事は夫婦で協力してするものだ」と夫をしつけておくことで、家事の負担を一身に背負ってストレスを溜めることも少なくなります。

また、家事を手伝うことで、夫の家庭への関心を高めることができ、思いやり合える関係を築くことに繋がります。

結婚式がその後の夫婦関係にまで影響するなんて、驚きですよね。

将来のためにお金を節約することも大切ですが、お互いに夫婦としての自覚を養うためには、結婚式という様式美を行うことはとても重要なのです。

他にもご紹介した“離婚率の低い夫婦がしていること”は、簡単そうにみえて意外と続けるのが難しいことでもあります。

その難しいことをわざわざする……という気遣いや思いやりこそが、円満夫婦への秘訣なのかもしれませんね。

【参考】

「いつも一緒」よりも大事なこと…?円満夫婦がやってる5つのこと – Menjoy!

「離婚する夫婦」が末長~い円満ラブ男女より…3倍も多く選んだこと – Menjoy!

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング