山田優ばりに「結婚したい」と思われるための女の言動6つ【前編】

Menjoy / 2012年3月15日 15時0分

山田優さんと小栗旬さんが、4年の交際期間を経てゴールインしましたね! 4年の交際期間を長いと感じるか適当と感じるかは人それぞれですが、“結婚はタイミングが大切”というのは、多くの女性が知っていることですよね。

彼とあなたの「結婚したい!」というタイミングが必ずしも一致するとは限りません。付き合って何年経っても彼が結婚を意識してくれないという場合もあります。

もし今、あなたに恋人がいて「そろそろ結婚したいなぁ」と思っているなら、彼に結婚を意識させる言動をとってみてはいかがでしょう。あなたのアピールに刺激されて、ゴールインとなるかもしれません!

今回は、社会心理学者の渋谷昌三氏による『「婚活」の作法』から、彼に結婚を意識させる言動を6つご紹介します。

 

■1:周囲の結婚の話題

「友人や芸能人の結婚のことを話題にする」

やはり、周囲の結婚の話題は「そろそろ私も結婚したいのよね」というメッセージとして彼に届きやすいようです。

彼も知っている身近な友人や、同年代の芸能人の結婚の話題なら、彼に、より強く結婚へのプレッシャーを与えることができるかもしれません!

 

■2:手料理

彼に手料理を作ってあげていますか? 頻繁に手料理を作ってあげれば、彼に「お料理のできる、いい奥さんになってくれるかも」と期待を持ってもらえる可能性があります。

古典的ですが、“胃袋をつかめば男は逃げない”と言いますし、料理を作ってあげて、損はなさそうです。あなたの手料理に刺激されて、彼が結婚を意識するかもしれませんよ!

 

■3:子どもの話題

「甥や姪など、親戚の子どもの話をよくする。子どもを見ると、“かわいいねえ”と言ったりあやしたりする」

これも古典的ですが、「私もいいお母さんになれるのよ」というアピールになりそうです。子どもをあやすあなたを見て、彼が、彼とあなたとあなたの子どもとの生活を思い描いてくれるかもしれません。

 

いかがでしたか?

上記3つの言動は、どれも簡単にできそうですよね? 彼に結婚を意識させたいなら、小さな言動を積み重ねるのがよさそうです。

続く【後編】でも、彼に結婚を意識させる言動を6つご紹介します。

 

【結婚に近づくための情報】

結婚したい女性が「絶対に言っちゃいけない」NG発言3つ

「プロポーズされる女」になるために今すぐ彼に聞くべきこと

実は30代でも一発逆転できる!? 「玉の輿にのる」コツ2つ

 

【参考】

渋谷昌三(2009)『「婚活」の作法』 東邦出版

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング