男の幻想ぶち壊し!? 本当は恐ろしい「女子校」実態を解明【1/3】

Menjoy / 2012年4月13日 12時30分

みなさんは“女子校”と聞いて、何を思い浮かべますか?

“お嬢さん”というイメージでしょうか? それとも、未知の空間“秘密の花園”でしょうか?

最近、Twitterで“女子校あるある”が盛り上がったり、辛酸なめ子氏による『女子校育ち』が出版されるなど、女子校ならではのエピソードに注目が集まりましたが、女子校には、やはり共学にはない特別な日常があるようです。

一体、女子校の毎日とはどんなものなのでしょうか?

中学校・高校、さらには大学も女子校に通ったという人も含め、女子校育ちの女子に集まって頂き、学校でのエピソードを語っていただきました。

その中から今回は、男子がドン引きする女子校ならではのエピソードをご紹介します。

 

■1:胸の大きさチェック

「胸の大きい子に、触らせてーって言って大きさ確認してた。今でも、平気で友達の胸を触っちゃう」

男子のいる前では、決してできないのが女同士の胸の大きさチェック。胸の大きい友人が羨ましく、「触れば自分の胸も大きくなるかも?」とご利益を得ようという神頼み的な側面もあるのだそうです。

よって女子校の女子にとって胸を触るのは、挨拶程度なのかもしれません! 思春期の男子には、決して見せれない光景ですよね。これこそまさに、女子校ならではのエピソードです。

 

■2:早弁

「教科書で隠しながら、授業中にお弁当を食べてる子、いたよね。昼休憩かどうかなんか関係なく、お腹が空いたらパンとかお菓子を食べてた」

女子といえども育ち盛りのため、お腹が空くタイミングが昼休憩とは限りません!

共学なら、男子の目を気にするのですが、女子校では“お腹が空いたら食べる”というように、自分の欲求に正直に従うようです。

教師に隠れて女子が早弁する姿は、逞しいとしか言いようがありませんね!

 

■3:えげつない”いじめ”

「担任が掃除で使う、ちり取りの柄の部分に、コンドームを被せてからかってたよね」

男子の目が気にならないために、いじめの発想がなんとも過激です。教卓の上に、未使用の生理用ナプキンを飾って、男性教師を驚愕させた、なんていう先輩もいたのだとか。

周囲の目を気にする必要のない、女子高校生を教育する先生たちの苦労が伺えます……。それでも卒業後には、いじめていた先生とも打ち解けているそうですから、先生たちも慣れたものです。

どうやら女子校育ちの女子というのは、手がかかるのかもしれませんね!

 

いかがでしたか? まずは、女子校ならではのエピソードを3つお届けしました。次回も引き続き、男子がドン引きする女子校エピソードをご紹介します。

 

【女子校実態】

男の幻想ぶち壊し!? 本当は恐ろしい「女子校」実態を解明【1/3】

※ 男の幻想ぶち壊し!? 本当は恐ろしい「女子校」実態を解明【2/3】

※ 男の幻想ぶち壊し!? 本当は恐ろしい「女子校」実態を解明【3/3】

 

【参考】

辛酸なめ子(2011)『女子校育ち』 筑摩書房

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング