キャバクラ小説家に聞く!キャバ嬢ばりにモテるコツ4つ【前編】

Menjoy / 2012年4月24日 18時0分

男性にモテる女性、そう聞くとパッと頭に浮かぶのは“キャバクラ嬢”ではないでしょうか?

「どうせ私なんて絶対モテない」こんなことをぼやいているそこのアナタ、実は一般の女性であっても、キャバクラ嬢のようモテるテクニックがあるのです。

今回は、キャバ嬢が主人公の恋愛小説『涙の天使にさよならを』(電子書籍ストアアプリ『グリフォン書店』で配信中)の著者である鈴木剛介さんが一般女性がモテる4つのコツを教えてくれました。

 

■1:モテている状態をキープする

「男性という生き物は、女性に興味を失ってしまえば二度と声をかけません。

キャバクラであっても、男性客は女の子に飽きてしまえば指名もしなくなりますし、最終的にお店にすら来なくなります。要するに大切なのは“モテている状態”。この状況をキープしている必要があるのです」

なんとなく“モテている状態”といったポイントは分かる気がするのですが、具体的にそれはどのような状態なのでしょうか? 鈴木さんは続けます。

「男性が女性に抱く好意の感情のピークは“口説けそうで口説けない、でも口説けるかもしれない”といった状態です。恋愛でいえば、友達以上恋人未満といった期間。

女性にとっても、ある意味一番楽しい状況ですよね。男性を引き寄せ、相手に誘わせ、近づいたら離れてまた誘って。

こんな状態を作りだすことがモテる女性のコツです」

手が届きそうで届かない、だからこそ様々な方法で気を引かせられる。まさにモテている女性といった感じですね。

 

■2:“ツボ”を抑えた会話術

可愛い子だけが男性にモテている。その考え方は違う、と鈴木さんは話します。

「キャバクラでは、可愛い子だけが指名をとっている訳ではありません。中には“この子がナンバー1?”といった子も大勢います。

つまり、モテのコツとして“社交術”が重要になるのです。キャバクラでモテている子は社交術が非常に上手です。

男性は自分を大きく見せたり、時には弱く見せたりと自分勝手な生き物です。逆に、この自己顕示欲や承認欲求を満たしてあげられることがポイントになるのです。

“俺さぁ、会社で重要なプロジェク任されちゃって困ってるんだよね~”とか“学生の頃、やりたくないって言ってんのにリーダーに推薦されちゃってさ”といったつまらない話でも、“ふ~ん、そうなんだ”ではなく、“すご~い! みんなに信頼されてる人って素敵だと思います~!”など、男性が何を求めているのか、何処を褒めてほしいのか、ツボを抑えて会話をしていけば、確実に男性にあなたは気に入られます。

男性の心理なんて簡単にコントロールできるものですから」

 

後編では、さらに習得すべきコツをふたつご紹介いたします! お楽しみに!

 

【お水直伝シリーズ】

元人気キャバ嬢直伝!草食系男子と結婚する為のヒント

※ 元キャバ嬢直伝!美人じゃなくても「モテる」メールテク

※ 現役ホステス直伝!男を気持ちよくさせる会話テクニック

※ 現役ホステスが暴く!「男に飽きられるNG女」の実態

 

【参考】

鈴木剛介(2012)『涙の天使にさよならを』 グリフォン書店

あらすじ・・・東京で、わたしの本名を知っているのは、店長と、幼馴染の百太郎だけ。悪魔のように男を惑わし、けれど、一度も人を好きなったことのない。そんな18歳のキャバ嬢の数奇な運命を描く、切なくも美しい、純潔のラブ・ストーリー。

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング