たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【2/3】

Menjoy / 2012年4月28日 22時30分

  

前回の記事では、仲良し夫婦がやっているシンプルな習慣をまずは3つ紹介しました。では、引き続き4つの習慣を見ていきましょう。

 

■4:お互いに信頼・許容し合っている

“ケンカするほど仲がいい”といわれます。どんなに仲良し夫婦であっても、一緒に生活していると、ときには相手に同意しかねたり、口論になったりして、しかも話の決着がつかないこともあるでしょう。

ただ、仲良し夫婦は、ケンカの引き際がうまいのです。心の底では信頼し合っているからこそ、少しくらい気に食わないことがあっても、「でもお互い様だね」と相手を許すことができるのでしょう。

ケンカになったら、「だってあの人の言うことおかしいんだもん!」と意固地になるのではなく、「実は彼の言うことにも一理あるのでは?」と信頼することが仲直りへの第一歩です。

 

■5:相手のいいところ探しをする

あら探しをしていると、相手の欠点ばかりが目に付くもの。逆に、いいところ探しをすると、相手のよさがどんどんわかってくるでしょう。

要は、あなたのものの見方しだいです。仲良し夫婦は、常に相手のポジティブな面に目を向けるようにしています。

 

■6:仕事から帰ったらまずはハグする

皮膚感覚は、“よい感触(愛情)”、“悪い感触(虐待)”、そして“無感触(無視)”の3種類に分かれます。“悪い感触”すなわち殴る蹴るだけがDVではありません。“無感触”も、相手に深い孤独感・空虚感を味わわせることになるのです。

仲良し夫婦は、ことあるごとにスキンシップをして、お互いを“よい感触”で満たします。たとえば、“おかえりのハグ”は、仕事の疲れを何よりも癒してくれることでしょう。

 

■7:「いってらっしゃい」「大好きだよ」を毎朝言う

新婚時代には毎朝「いってらっしゃい」のチューをしていたのに、近頃は夫の出勤時にもスヤスヤ安眠中……なんてことはありませんか?

「いってらっしゃい」は魔法の言葉。この言葉があればこそ、夫は交通渋滞や遠距離通勤、満員電車といった辛さも我慢することができるのです。

共働きであなたのほうが早く家を出なければならないという場合には、夫に「今日も大好きだよ」と伝えましょう。照れくさくても、こういう小さな積み重ねが夫婦円満の秘訣なのです。

 

今回紹介した4つの習慣も前回同様、その気になれば誰でも始められるものばかりでしたね。次回は、残り3つの習慣をお届けします。

 

【仲良し夫婦のシンプル習慣

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【1/3】

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【2/3】

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【3/3】

 

【参考】

※  How To Be Happy in a Relationship- 10 Habits of Happy Couples – Woman’s Day

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ

Related posts

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング