当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【1/3】

Menjoy / 2012年5月23日 11時0分

「ごめん。俺、実は500万円の借金があるんだ。君と結婚するためには、まずはこれを返済しなければいけないんだけど……」

愛する彼から、突然こう打ち明けられたらとしたら、あなたはどうしますか?

「ぎゃーそんな借金まみれの男なんて絶対ムリ!」と彼を見捨てますか? それとも、「あなたと結婚するためなら、私が何とかしてあげるわ!」と肩代わりしてあげますか?

“婚活”がブームになって久しいですが、「早く何が何でも結婚したい!」という女性の弱みにつけこんで、婚活女性が交際相手の男性からお金を騙しとられるというケースが少なくありません。(もちろん、男女が逆のケースもあります)

はじめからお金を騙しとる目的で女性に近づくプロの犯行も深刻ですが、あれこれ理由をつけて女性にお金を貢がせては一銭も返さない“ヒモ男”も立派な(?)婚活詐欺。

「愛する彼のために尽くしたい」という心がけは殊勝ですが、こうした婚活詐欺に遭いやすいのは、どういう女性なのでしょうか?

『婚活貧乏』の著者で行政書士の露木幸彦先生に特徴を9つ教えていただきました。3回にわたって紹介していきたいと思います。

 

■1:頼まれると断りきれないお人よしな女性

婚活詐欺に限った話ではありませんが、騙されやすい人というのは、頼まれると断りきれない無類のお人よしです。

「借金とりに追われているんだ。頼む、100万貸してくれ!」なんて、いくら愛する彼の頼みであっても、普通はちょっとためらってしまいます。婚活パーティーなどで知り合って間もない男性からの頼みだったら、なおさら怪しいですよね。

しかし、婚活詐欺に遭う女性というのは、頼みごとをされると断りきれません。もちろん、「いきなりそんなこと言われても……」という迷いはありますが、苦しそうな彼を見ているうちに忍びなくなり、最終的にはお金を渡してしまいます。

 

■2:支払い滞納に耐えられない几帳面な女性

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、婚活詐欺の被害者には几帳面な人が多いです。自身はローンの滞納などしたことがなく、公共料金や家賃の支払いも人一倍きちんとしています。

それだけに、愛する彼が支払いの滞納をしている姿に耐えられません。彼の家で延滞の請求書を見つけるや「これは何!? さっさと支払いなさいよ」と真っ青になりますが、彼が一文無しなので、結局自分がかわりに身銭に切ってしまうのです。

 

■3:自分のことを自分で決められない優柔不断な女性

婚活詐欺に遭いやすい人は、優柔不断といいますか、大事な物事でも自分で決められない人任せなところがあります。

たとえば、彼が定職に就かずブラブラしている。あるいは、無計画な起業をしては失敗しているという場合、普通の感覚であれば、彼の尻を叩いて奮起させるなり、それでもダメなら見切りをつけて別れるなり、何らかの行動にでるのではないでしょうか。

ところが、婚活詐欺の被害者は、「いつかは彼も立ち直ってくれるはず」と、ぼんやり期待しているだけ……。

“人を信じる”といえば聞こえはいいですが、この場合は自分で物事を決めたり、行動を起こしたりするのが怖いだけの単なる“人任せ”にほかなりません。

さらに、婚活詐欺の被害者のなかには、占い師のアドバイスを信じて、ずるずると男性に貢ぎ続けたような哀れな女性もいるそうです。

 

まずは、婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つのうち、3つをお届けしましたがいかがでしたか? 次回はさらに3つの特徴を紹介します。

 

【婚活詐欺シリーズ】

当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【1/3】

当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【2/3】

当てはまると危険!婚活詐欺に遭いやすい女性の特徴9つ【3/3】

 

【取材協力】

露木幸彦・・・行政書士・ファイナンシャルプランナー。金融機関の融資担当時代は住宅ローンのトップセールス。離婚に特化し行政書士事務所を開業。開業から6年間で有料相談件数7,000件、離婚協議書作成900件を達成した。

サイト『離婚サポートnet』は一日訪問者3,300人。会員数は13,000人と業界では最大規模にまで成長させる。

著書に『婚活貧乏』(中央公論新社)、『みんなの不倫~お値段は4493万円!?』(宝島社)などがある。

Related posts:

  1. プランナーに聞いた!結婚式で感動してしまったエピソード10個【後編】
  2. プランナーに聞いた!結婚式で感動してしまったエピソード10個【前編】
  3. これは納得…独身男性が「結婚を嫌がる」真の理由7つ【後編】

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング