テレビドラマに登場する主人公の職業別年収ランキング【前編】

Menjoy / 2012年6月11日 18時0分

6月に結婚した花嫁は幸せになれる……。

元々はヨーロッパからの伝承でそう称されている“ジューン・ブライド”。日本でも、この時期に結婚式を挙げたいと願う女性は多いのではないでしょうか。

しかし、当たり前のことながら、いくらジューン・ブライドに憧れていても、結婚式を挙げるには、そもそも結婚相手が必要です。

相手に求める条件として特に注目されるのが、その“職業”ですよね! 職場結婚であれば何ら問題はありませんが、あまりよくわからない職種の相手に人生を預けるには、ちょっとした下調べが必要となってくるでしょう。

今日はそんなあなたに向け、現在4月から放送されているテレビドラマに登場する男性主人公たちの職業を、あくまで省庁データを参考にした推定ではありますが、年収順にランキング!

「この職業ってどれくらい儲かるのかしら……?」と、気になる疑問を解消して参ります。是非、参考にしてみてください。

 

■10位:ロック・ミュージシャン(300万円)

日9『家族のうた』の主人公、オダギリジョーさん演じる早川正義の職業はまさに売れないロッカー! 最終的に事務所を辞めてしまうという切ないストーリーから推測するに、おおよその年収は300万円を切っていたのでは?

しかし、自身の作った楽曲が当たれば、もしかしたら億万長者になれるかも……? 結婚するにはちょっぴり勇気がいるかもしれませんよね。

 

■9位:警備会社社員(300万円)

月9『鍵のかかった部屋』で大野智さん演じる榎本怪は、セキュリティシステムを知り尽くした防犯マニア。職種としては、警備会社に所属ということで推定される年収は300万円程度でしょうか。

“江戸時代の鍵”を骨董品屋から喜んで買ってしまうあたり、鍵のこととなると見境がないのが難点と言えるでしょう。

 

■8位:百貨店婦人服売り場店員(335万円)

ちょっと変わったキャラクターが続々登場する深夜ドラマ『スープカレー』。TEAM NACSのリーダー・森崎博之が演じた主人公は、婦人服売り場の敏腕百貨店員(推定年収335万円)でした。

最終回に向け、会社を辞めて料理の勉強を始めますが、百貨店員として勤めていた時の彼は非常に優秀でした。パートナーとしては吉?

 

■7位:研修医(350万円)

“医者”という職業の中でも、“研修医”にスポットを当てた『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』。「研修医時代はお金に苦労した……」なんて噂もよく聞きますが、実際の年収は一体いくらくらいなの?

疑問の声もちらほら。推定年収はおおよそ350万円といったところでしょう。これからの活躍に期待ですね!

 

■6位:車の整備士(450万円)

「主演の竹野内豊さんの汗光る重労働姿が、とにかくカッコイイ!」と評判のドラマ『もう一度君に、プロポーズ』。その職業は車の修理工場の整備士です。

営業の状況により修理台数が異なるようですが、今回のお住まいは豪華なおウチということもあり、推定450万円は超えているのでは……? その上、あんなに優しい旦那さんだったら文句無しですよね。

 

いかがでしたか?

続く【後編】では5位~1位をご紹介いたします。あなたが見ているドラマの主人公は何位でしょう。予想してみてくださいね!

 

【ドラマシリーズ】

※ 見るだけで悩み解消!「男心がよくわかるドラマ」トップ10【前編】

※ 見るだけで悩み解消!「男心がよくわかるドラマ」トップ10【後編】

※ 「私が恋愛できない理由」登場人物からわかる!あなたの恋愛傾向【前編】

※ 「私が恋愛できない理由」登場人物からわかる!あなたの恋愛傾向【後編】

 

【参考】

※ 厚生労働省 – 賃金構造基本統計調査(全国)

※ 国税庁 – 民間給与実態統計調査結果

※ テレビドガッチ – ドラマ情報ページ

Related posts:

  1. 言われてみたい!「職業別プロポーズ」ランキングベスト5
  2. ネットで話題の「人妻」不倫率…原因は環境と夫への不満!?【前編】

Menjoy! メンジョイ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング