男と女の「ボーナスの使い道に対する意識差」が明らかに

Menjoy / 2012年6月25日 12時0分

社会人のみなさん。そろそろ夏のボーナスの時期になりましたね。使い道は、もう決まりましたか?

物を買うという人も、旅行に行くという人も、美味しい物を食べるという人も、いろいろだと思います。

そんななか、飲食店情報検索サイト『ぐるなび』を運営する株式会社ぐるなびが、会社員・公務員709人を対象とした、夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査を実施しました。

その結果、夏のボーナスで、男性は“家族へのご褒美のために外食”したいけれど、女性は“自分へのご褒美として外食” を楽しみたいという実態があきらかになりました。

一体どういうことか、調査結果を紹介しながら、お伝えしていきます。

 

■夏のボーナスの実態

株式会社ぐるなびの調査によると、ボーナスが支給される予定、もしくはすでに支給された人は66.6パーセントで、支給される予定のない人は10.6パーセントでした。

また、今年の夏のボーナス支給額見通しについては、昨年とほぼ変わらないが48.7パーセント、減額見込みの人は38.8パーセントでした。

どうやら、社会人のなかでもボーナスの支給される人と支給されない人、支給されても昨年と同程度の人と減額される人という、二極化の実態がみえてきました。

また、今年の夏のボーナスのうち、自由に使える金額は、男性で18.0パーセント、女性で39.3パーセントと、女性に比べ男性は自由になる金額が少ないことがわかりました。

 

■夏のボーナスでの飲食

さて、夏のボーナスでの外食についてですが、「外食したくない」と答えたのは男性30.4パーセント、女性は15.4パーセントで、女性に比べ男性は外食をしたくないと考えていることがわかりました。

外食をするとしての予算金額は、全体の平均は6,561円で、男女で比べてみると、男性は6,505円、女性6,697円と、予算金額でも女性に比べ男性の方が低いという結果でした。

つまり、ボーナスで外食すること自体に男性には抵抗があるのかもしれません。

そんななか、外食を楽しみたいと回答した人のうち、どんな外食を楽しみたいかについて、男性の1位は家族へのご褒美だったのに対し、女性の1位は自分へのご褒美でした。

 

いかがでしたか?

外食を楽しみたいという男性が少ないなかで、外食を楽しみたいという人は家族と楽しい時間をもちたい、日頃の感謝を伝えたいと考えていることがわかりました。

もし、あなたが男性から夏のボーナスで食事に誘われた場合、彼はあなたに感謝の気持ちを伝えたいということかもしれません。

嫌な顔をせず、楽しく付き合ってあげてくださいね。

 

【お金シリーズ】

※ 知っておくと失敗しない!「貯金が多い男の見分け方」5つ【前編】

※ 知っておくと失敗しない!「貯金が多い男の見分け方」5つ【後編】

※ クレジットカードはNG!間違いだらけのお金の使い方6つ【前編】

※ クレジットカードはNG!間違いだらけのお金の使い方6つ【後編】

 

【参考】

夏のボーナスと外食・旅行に関する意識調査 ― 株式会社ぐるなびのプレスリリース

Related posts:

  1. 回復しつつある景気…理由は「節約に疲れてきたから」?
  2. まさに時は金なり!? 年収の高い男性は●●しないと判明
  3. 無類のからあげ好き達が選ぶ「究極のからあげ」ベスト8

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング