現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【1/3】

Menjoy / 2012年7月2日 12時0分

探偵といえば、シャーロック・ホームズ、江戸川コナン、神宮寺三郎など、警察もお手上げの難事件を名推理で解決するというイメージがあるでしょうか?

ところが、実際の探偵業務では、推理というより、尾行・張り込み・聞き込みといった調査が中心となります。「犯人はおまえだ!」という華々しいイメージとは異なり、体力と根性がものを言う地味で苛酷な世界なのです。

最近では、探偵を志す人のための探偵学校などもありますが、探偵に向いている人の特徴とはどのようなものなのでしょうか? GK探偵事務所の礒部昌之さんにお話をうかがいました。

現場での尾行などに必須な特徴12個を3回にわたってお届けします。

今回はまず、1:何事にも臨機応変に対応できること、2:視野が広いこと、3:度胸があること、4:車やバイクの運転が上手なことという4つを見ていきましょう。

 

■1:何事にも臨機応変に対応できること

尾行の対象となっている人物が、常に予想どおりの動きをしてくれるとは限りません。たとえば、徒歩のターゲットが急にタクシーをつかまえたり、あるいは、尾行されていることに気付いたりなど、常に不測の事態が起こりえます。

どれだけ細心の注意を払っても、ミスやトラブルを完全に防ぐことはできません。ただ、思わぬ事態に直面した際に、臨機応変に対応する能力が必要です。

 

■2:視野が広いこと

尾行の際には、ターゲットだけを注視していればいいわけではありません。ターゲットだけに気を取られていると、上で述べたような思わぬ事態に遭遇しやすくなります。

常に一歩先を予測しながら動くには、車の通行量、少し先の信号や踏切、ターゲットが入りそうな建物、ターゲット以外の人間の動きなど、広い視野をもってその場の状況を把握することが必要です。

 

■3:度胸があること

現場では何が起こるか分からないので、臨機応変に対応できる判断力にくわえて、トラブルを受け入れる度胸も必要です。

たとえば張り込みの最中に、怖いお兄さんにイチャモンをつけられること。また、ストーカー対策をしていて、危ない犯人に逆ギレされるといった事態も覚悟しなければなりません。

「どんな窮地に陥っても、なんとかなる。なんとかしてみせる」という肝っ玉の太さが探偵には求められます。

 

■4:車やバイクの運転が上手なこと

尾行は徒歩とは限らず、車やバイクでターゲットを追うこともあります。

追尾しているのがバレバレというのでは困るので、ずっと真後ろについているわけにはいきません。ターゲットを見失わない程度に距離をおき、周囲の状況を常に把握しながら運転する必要があります。

ですから、探偵になるには、車やバイクの運転スキルはできるだけ高いほうがいいでしょう。

 

まずは、探偵に向いている人の特徴12個のうち、4つをお届けしましたがいかがでしたか? 次回は、さらに4つの適性を紹介します。

 

【探偵シリーズ】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【1/3】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【2/3】

現実はコナンと大違い?探偵に向いている人の特徴12個【3/3】

 

【取材協力】

GK探偵事務所・・・GK探偵事務所は常にご依頼人様の立場に立って、適正な調査方法・適正な調査料金でクオリティーの高い調査を行っています。

警察では解決出来ない事案でも、GK探偵事務所は解決し、ご依頼人様の笑顔を取り戻します。

Menjoy! メンジョイ

トピックスRSS

ランキング